『もののけ姫』トキってどんな人?声優やあの名言など徹底的に掘り下げます!

もののけ姫
引用:https://twitter.com/
この記事は約6分で読めます。

アシタカがエミシの村を出なければならなくなり、西へ旅に出た際、偶然助けた男の妻として威勢良く現れたトキ。

とても快活で魅力的ですよね。

「たたらば」で活き活きと働く女衆の代表のような存在です。

今回は「たたらば」女衆のリーダー的存在、トキについて掘り下げていきます。

では、一緒に見ていきましょう!




『もののけ姫』のトキの声優さんはなんとナウシカ!!

トキの声を聞いて「とっても上手な声優さんだな」と思われた方も多いのではないでしょうか。

この作品の世界観にとてもぴったりと馴染んでいるような印象を受けますが、声優さんは一体どなたなのでしょうか。

それは・・・

なんと、あのナウシカの声を担当した島本須美さんだったのです!

彼女はナウシカの他にも、『ルパン三世 カリオストロの城』や『となりのトトロ』にも出演されています。

『もののけ姫』を最後に、宮崎駿監督は専業の声優さんは起用しなくなったため、この作品以降はスタジオジブリの作品には出演されていません。

しかし、初期から中期にかけての宮崎駿監督の作品を支えた非常に重要な声優さんであることは間違いありません。

『もののけ姫』の中で、トキに独特な存在感があるのはやはり理由があったのですね。



『もののけ姫』トキの年齢はいくつ?

トキの年齢は何歳なのでしょうか。

公式に年齢は発表されてはいないようですが、だいぶ若いのではないかと思われます。

「たたらば」には、重病患者以外に年配の者はほとんどいないようです。

「たたらば」は、売られた娘や重病患者などで構成された集落です。

トキも若くして身の上に問題を抱え、この場所で働き始めリーダー的な存在になったような印象を受けます。

人の寿命も現代とは大きく違うと思われますし、リーダーとはいえ若いと考えられるので、おそらく20歳前後なのではないでしょうか。

「たたらば」は子どもがいない場所ですが、いずれトキと甲六に子どもが生まれたらとても素敵なお母さんになりそうですね。

『もののけ姫』たたらばの場所はどこ?子供がいない理由や歌の意味を徹底解説!
宮崎駿監督の最高傑作との呼び声も高い作品といえば、1997年公開の『もののけ姫』を挙げる方も多いのではないでしょうか。 作中では人間と自然が対立する様子が何度も描かれています。 その中で、人間の工業技術の象徴として描かれているの...



『もののけ姫』おトキの旦那も気になる!甲六の声優さんは?

トキといえば、トキの旦那さんである甲六とのやりとりがなんとも楽しくて滑稽です。

甲六は、エボシ率いるたたらばの石火矢衆と護衛集団がモロとその子ども達を襲った際に怪我を負い、谷底に落ちてしまいました。

そこをたまたま通りかかったアシタカに救われました。

こだまを見て腰を抜かしたり「おとき、勘弁してくれよー」と言う姿がなんとも可愛らしく、愛されるキャラクターです。

このトキの旦那さん甲六を演じているのは、俳優の西村まさ彦さんです。

同じく宮崎駿監督の『風立ちぬ』では主人公堀越二郎の小柄な上司、黒川役の声も担当されていますよね。

古畑任三郎シリーズでの今泉役の印象が強い西村さんですが、やはりちょっと間抜けで愛されるキャラクターを演じるのに右に出る者はいないようです。

そう考えると、この甲六の愛されキャラはとても納得ですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

『風立ちぬ』黒川にはモデルがいる!声優や家の場所・口上の意味に迫る!
『風立ちぬ』に登場する「黒川」というキャラクターを覚えていますか? 名前を聞いてもピンの来ない方も多いかもしれません。 では、主人公堀越二郎の上司でとても小柄・髪型が印象的なキャラクター、というと思い当たりませんか? そう...



『もののけ姫』トキが残した印象的なセリフ・名言は?

『もののけ姫』の作品全体でトキの登場シーンは決して多くはありませんが、その少ないセリフの中には彼女のキャラクターが如実に現れています。

そんな彼女の名言とも言える印象的なセリフを見てみましょう。

「せっかくだから、代わってもらいな」

「たたらば」の様子を見たアシタカが、たたら踏みを手伝おうとし「私も踏ませてくれ」と頼んだ時、代わるのを躊躇した「たたらば」の女に言った言葉です。

この言葉から、トキはたたら踏みの仕事場ではリーダー的な存在であったことが伺えます。

サバサバとしながらも、トキの暖かさがにじみ出ているセリフですよね。

なんとこのセリフ、20回もリテイクしたそうです。

この短いセリフに20回とは…!このセリフがトキのキャラクターを表すとても大切なものであることが伺えますね。

「そりゃあさ…でも、外界に比べればずっといいよ、ねぇ」

アシタカが「たたらば」のたたら踏みの仕事を代わり、「厳しい仕事だな」と言った際に応えたセリフです。トキも外界で大変な目に合ったことが察せられます。どのような過去があったのかはわかりませんが、人権を認められ、社会の一員として働き、自分の意見を言うことができる環境の重要性を感じられるセリフです。

「生きてりゃなんとかなる」

ディダラボッッチがシシ神の首を取り戻そうと迫って来て「たたらば」が燃えてしまったとき「何もかもおしめぇだ」と絶望する甲六にトキが言うセリフです。

このセリフで助けられた人がどれだけ多くいたことでしょう。

絶望と混沌の最中でこの言葉を投げかけることができるのは、彼女が心からそう信じているからでしょう。

自然の力を目の前にすると人間は無力のように感じますが、それでも何度も立ち上がって来た人間の強さを象徴する名言です。



『もののけ姫』トキについてのまとめ

女性がトップをつとめ、女性も男性も活き活きと働く「たたらば」。

トキは「たたらば」で働く女衆のシンボルのような存在ですよね。

「たたらば」では女性の存在が認められ男女協力して皆が社会の一員として活躍しています。

このような社会は今では当たり前かと思いきや、特に日本ではまだまだそれが現実になっていないのが実情です。

トキを深掘りすることで私たちが抱えるジェンダーによる差別や不平等といった問題、さらには自然と人間の対立・共生というこの作品のテーマが際立って見えてくることが分かります。

ぜひ今一度トキの魅力に触れて、彼女が活き活きと生きられる所以を考えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

『もののけ姫』エボシ御前の年齢は?気になる過去について解説!
『もののけ姫』に登場するエボシ御前ってどんな印象をお持ちですか? かっこいい!良い人!悪い人!かわいい!などさまざまな印象に分かれるキャラクターでもありますよね。 タタラ場の頭領として手腕を発揮し、自分の目的のためには手段を選ば...
『もののけ姫』サンとアシタカはその後?"母親がエボシ説"に思う
『もののけ姫』のヒロインであるサンは、主人公のアシタカとその後どうなったのか? 映画のラストを観ると、その後二人は結ばれたのか?とても気になりますよね。 山犬のモロの君に育てられたというサンの生い立ちを追いながら、二人のその後が...
『もののけ姫』カヤが渡した小刀への想いがせつない!受けた罰とは!?
『もののけ姫』の序盤で登場する少女カヤは、アシタカの許嫁(いいなずけ)です。 「あにさま」といってアシタカを慕っており、ヒイ様に従いアシタカが村を追放されて出ていくとき、こっそり夜に会いにきた少女です。 カヤについてネットでは「...



コメント

タイトルとURLをコピーしました