『千と千尋の神隠し』リンの正体は人間か白狐か?本名はあるの?

千と千尋の神隠し
引用:https://www.ghibli.jp/works/chihiro/
この記事は約7分で読めます。

『千と千尋の神隠し』に登場する、千の先輩湯女「リン」は、とても人気のあるキャラクターです。

私はあの姉御肌テキな、いつも千の力になろうと頑張っている優しくて頼りがいのある「リン」が大好きです。

千尋が最初に釜爺のところへ行った際「わっ!人間じゃん!」と驚き嫌がりながらも、湯婆婆のもとへ案内した姿はとても印象的!

リンの本名ってあるのでしょうか?正体は人間?それとも白狐?

今回は、みんな大好き!リンの魅力や正体についてお伝えします。

では一緒に見ていきましょう。


『千と千尋の神隠し』リンの正体は人間?白狐?妖狐なの?

『千と千尋の神隠し』は印象的なキャラクターのオンパレードですよね。

その中でも、心に残るキャラクターといえば、リン!

姐御肌でキビキビと千尋(千)に仕事を教えつつもイモリが大好きな愛らしい一面もある・・・

そんなリンに関して、最近話題になっていることがあります。

それは・・・彼女は白狐なのではないかという臆測があるのです。

そもそも白狐とは、妖狐とも呼ばれる神通力をもち、人を化かすといわれている妖怪です。

なるほど、不思議な世界に迷い込んでしまった千尋(千)が、神通力を持った白狐に化かされているというのは、なんだか納得できそうです。

それに、千尋(千)が迷い込んでしまった世界そのものが、妖怪に化かされているような世界観を感じます。

リンは容姿がすらっとしていて面長で吊り目気味、ほかの湯女たち(ナメクジ女)と違って、何となく白狐を思い起こさせますね。

引用:https://www.ghibli.jp/works/chihiro/

あわせて、こちらの記事もオススメです!

釜爺のモデルは監督なのか!?正体やセリフ・声優まとめ!
2001年公開、映画『千と千尋の神隠し』は、主人公・千尋が豚にされてしまった両親を助けるために、さまざまな試練を乗り越えながら成長してゆく姿を描いた映画ですが、劇中で、この千尋の成長を見守る存在として、キャラクターを挙げるとしたら、やはり釜...
銭婆(ゼニーバ)の名言はこれ!湯婆婆との違いや髪留めについても
スタジオジブリの代表作品『千と千尋の神隠し』は、いまや世界的にも有名な映画です。 その中でも、銭婆(ぜにーば)は妹の湯婆婆(ゆばーば)と違い、人情味あふれる"優しいおばあちゃん"という印象です。 そして、心に染みる名言も多いキャ...



千と千尋の神隠し|リンの本名ってどんな名前?もしかして人間?

リンの本名について公式には示されていません。

どんな本名を持っているのでしょうね。

千尋が湯婆婆に名前を奪われて"千"として油屋で働いていたことを考えると"リン"が本名の一部なの?と考えたくなります。

なんだか、リンの本名を想像するだけでも映画をさらに楽しめそうです。

また、リンの正体は人間ではないか?との噂もあります。

それは、

『千と千尋の神隠し』の映画パンフレットに、次のように書かれていたことが理由のようです。

湯屋でのでの千尋の先輩。14歳くらいの少女。
不平不満は多いが、根本的な疑問は持たない人間
つっけんどんだが優しい面もある。

完全に「人間」と言い切っているところから、白狐でもなく妖狐でもなさそうですね。

でも、THE ART OF Spirited Away(徳間書店)には、白狐と描かれたこんなスケッチが。

引用:THE ART OF Spirited Away

イメージボードの段階では白狐だったのかもしれません。

そのほかTHE ART OF Spirited Away(徳間書店)には、作画監督を務めた安藤雅司さんがリンのキャラクターについて次のように語っています。

リンは、イタチかテンが変わったキャラクターにしようという話が最初の頃にありまして、眼とか口が大きくて、顔の輪郭からはみ出るぐらいだったんですけど、最終的には普通のちょっと背の高い女の子になりましたね。設定だと、顔は長くありませんが、顔を長くしたのは宮崎さんです。

キャラクターというのは、制作過程で変わっていくものなんだなぁ、と感じるお話しですね。

なるほど!

であるなら、リンが白狐か?人間か?との噂が出るのも納得です。

 

またもうひとつ"リン人間説"と言われる理由のひとつに「煙突描きのリン」という幻の作品が影響しているかもしれません。

木村弓とジブリが出会うきっかけは『千と千尋』じゃない!?
『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」は木村弓さんが作曲された楽曲でもあり、曲が完成するまでには、宮崎駿監督との知られざるエピソードがありました。 「いつも何度でも」で一躍有名になった木村弓(きむら ゆみ)さんの歌声は、透明感...

 

宮崎駿監督が描いた「煙突描きのリン」のスケッチは、ジブリ美術館に展示されています。

『千と千尋の神隠し』が誕生する以前に、こんな企画があったなんて!驚きですね。

こちらの記事もオススメです!

【2022情報】三鷹の森ジブリ美術館チケット取り方のポイントまとめ!
2001年に開館した三鷹の森ジブリ美術館は、今年2021年で20周年を迎えました。 ジブリ作品の空間につつまれる美術館は、日本だけではなく世界中からその世界観を求めて人が集まる美術館です。 今回は、入手が難しいといわれている、三...

 



『千と千尋の神隠し』リンの正体は人間?|性別は男?女?

リンはそもそも女性じゃないのではないか、という意見があります。

サバサバした男勝りな話し方というだけではなく、リンの一人称は「俺」なのです。

リンの名言やセリフはそのまま男性が言っていたとしても全く違和感がありません。

リンのファンに女性が多いのも、それが要因かもしれませんね。

しかし、前出の映画のパンフレットにも"少女"と示されていること、また、千尋がリンの案内で通される湯女たちの部屋も男性はいませんので、女性なのではないかと考えるのが自然ですね。

でも、リンの正体が白狐だとしたら・・・性別がなかったとしても納得できます。

それもこの作品の、化かされているような世界観の細部の作り込みなのかもしれませんね。

油屋で男衆といえば、カエルたちです。

千と千尋の神隠し|カエルの正体を解説!声優や名前についても
『千と千尋の神隠し』で千尋が働くことになる油屋。一番最初に千尋に対し「人間だ」と気付いたのはカエルでした。あのカエルの名前はなんて言うのでしょう?名前はあるのでしょうか? そして油屋の従業員たちの顔って、なんだかカエルっぽく見えません...

 



『千と千尋の神隠し』優しくていい人リンについての考察

リンは千尋(千)に社会生活のイロハから仕事全般、またリンの秘めたる野望を語ってくれます。

いつかはこの仕事を辞めて街に出て行く、という強い意思を持っているリンはとても魅力的ですよね。

いずれは絶対起業したい!という野心を持っているサラリーマンのようにも感じます。

 

リンのような先輩がいたら、初めての業務に追われる社会人一年生も刺激を受けながら、広い視野を持って仕事を頑張る気持ちが持てそうです。

頼れる人が誰もいない状況の千尋(千)を親姉妹のように精神的に支えてくれたリン。

そして自分の夢をしっかり持っているリンは「優しくていい人」というだけではない魅力にあふれた存在です。

『千と千尋の神隠し』を観たあと、なんだかあたたかい気持ちになる要因の一つはこのリンのキャラクターが一因となっていることは間違いなさそうですね。

千尋(千)にとっては、リンをはじめとした様々な人?神様?との出会いが、心を強く持つ女の子に成長させたと思うと、子どもにはさまざまな出会い・経験を積んでほしいとこの作品を観て感じてしまいます。

千と千尋|カオナシ正体の意味に込めた宮崎駿監督のメッセージとは?
今回は、カオナシの正体について考察していきたいと思います。 宮崎駿監督はカオナシの正体については「みんなの心の中にいる」と語っています。 そこには、どんな意味が込められているのでしょうか? 2001年7月に公開され...

 



『千と千尋の神隠し』リンの正体は?まとめ

いかがでしたか?

『千と千尋の神隠し』の中でも人気の高いリンは、千尋を元気付ける姿、信じる姿がとても印象的なキャラクターです。
「理想の上司アニメキャラランキング」なんて企画があったら、上位を獲ることは間違いなさそう(笑)
正体についてはっきりしていないところも、また人気の理由なのかもしれません。
企画のみで終わった「煙突描きのリン」という作品の存在も、宮崎駿監督がリンというキャラクターに込めた想いが深くということが伝わります。

大好きなリン!
もう何度も何度も観ている作品ですが"リン"というキャラクターが誕生した理由を考えながら、また『千と千尋の神隠し』を鑑賞してみてはいかがですか?

こちらの記事もあわせてどうぞ!

千と千尋の神隠し|海外の反応!中国でおにぎりシーンが絶賛なぜ?
スタジオジブリが中国で大人気となっていることをご存知ですか? 特に『千と千尋の神隠し』は、日本の劇場公開から18年後の2019年に公開されたのにもかかわらず、大人気で興行収入も中国での日本映画の興行収入で1位を獲得しています。 ...
『千と千尋の神隠し』の舞台化に宮崎駿監督が出した条件がすごい!
『千と千尋の神隠し』の舞台化が発表され大変話題になっています。 さて、宮崎駿監督は舞台化するにあたりどんな条件を出したのでしょうか? それはたったひとつだけ、とても宮崎駿監督らしい許諾の条件でした。 今回は、202...



コメント

タイトルとURLをコピーしました