木村弓とジブリ|出会いのきっかけは『千と千尋』主題歌ではなかった!

千と千尋の神隠し
引用:https://www.youmi-kimura.com/
この記事は約8分で読めます。

『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」は木村弓さんが作曲された楽曲です。

この楽曲完成までには『煙突描きのリン』という宮崎駿監督の幻の企画にまつわるエピソードがありました。

「いつも何度でも」で一躍有名になった木村弓(きむら ゆみ)さんの歌声は、透明感の中にも心に深く沁み入るや力強さがあり"唯一無二"のものと感じる方も多いのではないでしょうか。

今回は『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」の木村弓さんがジブリの作品に携わるまでのお話しや彼女の魅力に迫ります。



木村弓さんとジブリが繋がるきっかけの作品は『もののけ姫』

木村弓さんが『千と千尋の神隠し』の主題歌を歌うことになるきっかけの作品、それは『もののけ姫』でした。

1997年公開のスタジオジブリ作品『もののけ姫』を鑑賞された木村弓さんは作品に感動しました。

そして、宮崎駿監督にその気持ちを伝えようと、ご自身のCD、そして『もののけ姫』の主題歌を歌ったテープを送ったのです。

なんと、その後すぐに宮崎駿監督から、木村さんの元に手紙が来たそうです。

文春ジブリ文庫ジブリの教科書12『千と千尋の神隠し』には、当時のエピソードを木村さんが語っています。

その宮崎駿監督からの手紙には「今『煙突描きのリン』という企画を考えています」ということが書かれていたそうです。

 

ちなみに『煙突描きのリン』とは頓挫(作品にはならなかった)企画です。

『もののけ姫』の完成後、宮崎駿監督はこの『煙突描きのリン』という作品を映画にしようと考えていたんですね。

おおよそ1年間も検討をしていた企画のようですが、木村弓さんはこの企画の話を聞いてから、メロディーが浮かんできたと語っています。

ちなみに、

この"リン"という名前は、ご存知『千と千尋の神隠し』で千尋のよき先輩となる"リン"に名前が引き継がれています。

『千と千尋の神隠し』リンの正体は人間か白狐か?本名はあるの?
『千と千尋の神隠し』に登場する、千の先輩湯女「リン」は、とても人気のあるキャラクターです。 私はあの姉御肌テキな、いつも千の力になろうと頑張っている優しくて頼りがいのある「リン」が大好きです。 千尋が最初に釜爺のところへ行った際...



ジブリ幻の作品『煙突描きのリン』とは

スタジオジブリ作品でボツになる企画はいろいろあると聞きますが、まさかボツになった企画に向けて作った楽曲が『千と千尋の神隠し』に使われる!というエピソードがあるなんでびっくりです。

ところでそのボツになった『煙突描きのリン』ってどんなお話しだったのか、気になりませんか?

おおよそこんなお話しだったようです。

『煙突描きのリン』
東京で架空の群発地震が起こったところから物語が始まります。
大阪に住む1人の画学生の女の子が、自転車に乗って瓦礫の山と化した東京にやってきます。
そして、震災を逃れ何とか倒れずに残った銭湯で、煙突に絵を描くことを条件に住み始めます。
そこで、リンと敵対することとなる影の集団を操る60歳のボスが登場。
2人が歳の差を超えて恋に落ちるというストーリー。

しかし、
鈴木敏夫プロデューサーから「時代に合わない」との理由からこの企画はボツになりました。

1999年のことです。(『千と千尋の神隠し』公開の2年前です)



木村弓さんがジブリの作品を想いながら浮かんできたメロディ

宮崎駿監督から手紙を受け取った木村弓さんは、とても嬉しかったと語っています。

嬉しさと同時に、まさかジブリの次回作に携わるなんて思いもしない状況だったようです。

手紙を受け取ったその1ヶ月半後、木村さんがコンサートの準備中にふっと出てくるメロディがありました。

その時には譜面に書き留めていた程度でしたが、1ヶ月ぐらいあとに見返してみると、ただ明るいというのではなく、心の深いところから湧いてきて弾む気持ちの乗るとてもいいメロディだと木村さんは感じたようです。

当時、このメロディが宮崎駿監督から聞いていた『煙突描きのリン』という企画に合うのでは?と考え、それに合ういい言葉はないかと考えていたところ、次のフレーズが浮かんだのだそうです。

「呼んでいる 胸のどこか奥で いつも心踊る 夢を見たい」
                               (作詞:筧和歌子 作曲:木村弓 2001年「いつ何度でも」からの引用)

ご存知のとおり、このフレーズが「いつも何度でも」のはじまりとなっていくのです。

木村弓さんは作曲も手掛け、あの膝の上に乗せて演奏するハープのような楽器も木村さんを印象付けるものの一つとなっていますよね。

木村弓さんは、これまでどのような音楽活動をされていたのでしょうか。

くわしくはこちらをどうぞ!

「いつも何度でも」のあの楽器って何?主題歌になるまでは驚きのエピソードが!
『千と千尋の神隠し』のエンディングに流れる「いつも何度でも」は、木村弓さんの透き通る声にのせたメロディーがとても印象的な曲です。 あの主題歌で演奏されている楽器はなに?と気になった方も多いのではないでしょうか。 『千と千尋の神隠...

 

いかがですか?

「いつも何度でも」が出来上がるまでのエピソード。

木村弓さんとジブリの宮崎駿監督は、出会うべくして出会った!という運命を感じてしまいますね。

木村弓さんは、前述のワンフレーズ以降、そのあとは、なかなかいい言葉が続かず、木村さんの友人で詩作朗読家の覚和歌子(かく わかこ)さんに作詞をお願いしました。

そうして、あの「いつも何度でも」が完成したのです。



木村弓さんとジブリのつながりには覚和歌子さんの存在も大きい

前述した、木村弓さんの友人である覚和歌子(かく わかこ)さんが「いつも何度でも」を作詞する際のエピソードを語っています。

木村弓さんから『煙突描きのリン』のストーリーと浮かんだメロディを聴いて、"煙突のてっぺんに女の子が登って、その眼下には瓦礫の街と海が広がっている"というイメージが浮かんだそうです。

そして、次の言葉が生まれました。

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ
                              (作詞:筧和歌子 作曲:木村弓 2001年「いつ何度でも」からの引用)

この言葉について、覚和歌子さんは"確実に何かに書かされている"感覚があったと語っています。

そして、書きながら悲しくもないのに涙が出てきて止まらなかったと。

すごい感覚ですよね、木村弓さんのエピソード同様、この覚和歌子さんのエピソードにもびっくりしました。

また、覚和歌子さんは"ゼロになるからだ"という言葉が生まれた瞬間について、詩人である谷川俊太郎さんとのほぼ日刊イトイ新聞の対談で、次のように語っています。

--谷川 「ゼロになるからだ」は、前から持ってた言葉なの?
それとも、書いている時に湧き出た言葉なの?
--覚  湧き出たといえば湧き出たんですけれども、
これまでの自分が
からだとつきあってきた期間のなかで
フレーズとして蓄積されていたんだと思います。
詩を書いているあいだの感覚が
ニュートラルになったときですね。
--谷川 そういう解釈だと、わりとわかるんだけど、
それだけじゃないような気がするんですよ。
--覚  うーん。
(中略)
「さよならのときの・・・・」の部分で
涙が止まらなくなったのは、今思うと、
「すごく大きなもの」とつながったことの
あらわれだったような気がするんです。
つまり、そういう意識状態になったときに
手にした言葉が
「ゼロになるからだ」だったのかな、と
いう気がするんです。
アイデアとかひらめきみたいなものというのは、
大きなものとのつながりのなかで
生まれてくるんだというふうに
私は思っています。
                                     (ほぼ日刊イトイ新聞 だからからだ より引用)
また、覚和歌子さんは、"このようにして生まれた言葉は聴き手の意識の深いところに触れる力を持っていることが多い"とも語っています。
木村弓さんが、ふっと浮かんできたメロディとフレーズ。
覚和歌子さんが、何かに書かされたという言葉。

この奇跡的なふたつのエピソードが、聴く人の心の奥深い場所に届く「いつも何度でも」という楽曲になったんですね。

私はこのエピソードを聞いて、覚和歌子さんの紡ぎ出す言葉の世界に引き込まれています。

『煙突描きのリン』の企画が頓挫し、宮崎駿監督はこの「いつも何度でも」を聴きながら『千と千尋の神隠し』の制作に取り掛かっていたのかなぁ、ということを想像することで、さらにこの曲の持つ力を再認識させられますね。



木村弓さんとジブリ|まとめ

いかがでしたか?

木村弓さんは、若い頃声楽家を志すも健康を害して断念したというご経験をお持ちです。

しかし、再起を信じて、身体と心と声の関係を学び、癒しや祈りが歌で実現できないかと試行錯誤し、竪琴(ライアー)の弾き語りという表現を確立されました。

木村弓さんのファーストアルバム「銀のしずく」(1991年発表)には、オリジナル曲を含む17曲が収録されています。

心が疲れたとき、木村弓さんの世界観に浸りながら、ゆったりとした時間を過ごしてみることも、忙しく過ごす現代では必要なことなのかもしれませんね。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

千と千尋の神隠し|声優まとめ!豪華キャストを一挙に紹介します
2001年公開『千と千尋の神隠し』は世界的にも高い評価を受け、スタジオジブリを代表する作品のひとつです。 今回は『千と千尋の神隠し』のキャスト声優をご紹介します。なんと!一度は聞いたことのある"あの曲"の作曲者が演じているのです!どの...
湯婆婆と銭婆のセリフは名言!2人の違いや髪留めについても
スタジオジブリの代表作品『千と千尋の神隠し』は、いまや世界的にも有名な映画です。 その中でも、銭婆(ぜにーば)は妹の湯婆婆(ゆばーば)と違い、人情味あふれる"優しいおばあちゃん"という印象です。 そして、心に染みる名言も多いキャ...



コメント

タイトルとURLをコピーしました