カオナシ|英語訳は「kaonashi」ではない!?【千と千尋の神隠し】

千と千尋の神隠し
引用:https://www.ghibli.jp
この記事は約4分で読めます。

『千と千尋の神隠し』といえば、あのカオナシを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そのカオナシの役名が、英語版『千と千尋の神隠し』では、他のキャストとは違う役名に翻訳がされているのです。

それは、とても興味深いことですよね。

私は「Kaonashi」が役名だと思っていたので、英語版をみたときにはびっくりしました!

今回は、カオナシの英語版の役名についてお伝えします!

カオナシの英語の役名が意味深い!?『千と千尋の神隠し』

『千と千尋の神隠し』は2002年2月、第52回ベルリン国際映画祭で最優秀作品賞である金熊賞を受賞、また、2003年2月、第75回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされるなど、海外でも高く評価されている作品です。

英語版のタイトルは『Spirited Away』。訳すと『神隠しに遭う』という感じでしょうか。

役名については、たとえば

オクサレ様は Okusare-sama と、日本語の読みがそのまま使われていますが、

なんと、カオナシだけは no-face となっているのです。

海外の方もこれでカオナシの意味が、

みんなの心に住む"顔なし"と理解されるのではないでしょうか。

 

カオナシの正体については、こちらの記事をご覧ください!

千と千尋|カオナシ正体の意味に込めた宮崎駿監督のメッセージとは?
今回は、カオナシの正体について考察していきたいと思います。宮崎駿監督はカオナシの正体については「みんなの心の中にいる」と語っています。そこには、どんな意味が込められているのでしょうか? 2001年7月に公開され...

 



カオナシの英語訳は「kaonashi」ではない|登場シーンで笑いが起こる!?

いまや、スタジオジブリ作品は世界的に有名ですが、そのきっかけとなった作品が『千と千尋の神隠し』であるといっても過言ではないと思います。

そんな海外で『千と千尋の神隠し』をみた観客が、カオナシを見たとたんに笑いが起こったというエピソードを、当時のスタジオジブリ作品海外プロモーション担当の武田美樹子さんが語っています。

 いろんな国で試写をしていると、「この国ではこういう反応をするんだ」と発見することがたくさんありました。とくに驚いたのが、カオナシを笑い飛ばす観客が多かったことです。これはアジアでも欧米でも共通で、どうもコミカルに見えたらしいです。カオナシが登場するシーンで泣いている人が多かった日本とは対照的でした。
                                引用:文春ジブリ文庫 ジブリの教科書12

とても意外ですよね!

お国が変わると映画に求めるものも違ってくるんだ、というエピソードです。

あの登場シーンといい、言葉になっていない声といい、カオナシは不気味な雰囲気を醸し出していると私は思うのですが、、

カオナシの"見た目"で笑いが起こるなんて日本では考えられないですことです。

前出の武田さんは、次のように続けています。

 日本人は映画を精神的に捉えるのに対して、海外では、純粋にエンターテインメントとして楽しみに来ていると思いました。ただ、現在は世界中が日本人化してきたというか、外国人でも「ジブリ作品を見て泣きました」という人が増えています。
                                引用:文春ジブリ文庫 ジブリの教科書12

とても嬉しい海外の方の反応ですね。

ちなみに、日本での公開から18年後の2019年に劇場公開された中国でも「泣いた」との反応が多いのです。

くわしくはこちらの記事をご覧ください!

千と千尋の神隠し|海外の反応!中国でおにぎりシーンが絶賛なぜ?
スタジオジブリが中国で大人気となっていることをご存知ですか?特に『千と千尋の神隠し』は、日本の劇場公開から18年後の2019年に公開されたのにもかかわらず、大人気で興行収入も中国での日本映画の興行収入で1位を獲得しています。 ...

 

カオナシ|英語訳は「kaonashi」ではない!?まとめ

いかがでしたか?
世界的に見てもスタジオジブリ作品で評価が高いとされている『千と千尋の神隠し』。
スタジオジブリ作品を、より多くの人々に見てもらいたいですね。

・カオナシの英語訳は「no-face」。
・海外では公開当時、カオナシ登場シーンで笑いが起こっていた。(見た目に対するもの)
・今では、海外でもジブリ作品を見て「泣いた」という人が増えてきている。



コメント

タイトルとURLをコピーしました