千と千尋の神隠し|ネズミとカラスの正体は?湯バードが戻らないのはなぜ?

千と千尋の神隠し
引用:https://www.ghibli.jp/works/chihiro/
この記事は約6分で読めます。

『千と千尋の神隠し』に登場するピンクのネズミとカラスが可愛い!とネットで話題になっています。

このネズミとカラスの正体はいったい誰なのでしょうか?

物語の中盤から千・カオナシとともに、さまざまな冒険をするネズミとカラス。

今回は、この可愛いキャラクターの正体や魅力、グッズについてお伝えします!




『千と千尋の神隠し』のネズミとカラス|正体は坊ネズミと湯バード

『千と千尋の神隠し』の印象的なシーンとして、こちらの電車に乗っているシーンを挙げる方も多いのではないでしょうか?

このシーンで、車窓から海を眺めているネズミとカラスは、いったい何者?と話題になっています。

引用:https://www.ghibli.jp/works/chihiro/

ハクが盗んだ魔女の契約印を届けるため、ハクの行為を心から謝罪するために、銭婆のもとへ向かう千の姿はとても印象的ですよね。

そんなしんみりした気持ちの千と行動を共にしているネズミとカラスですが、車窓を見ている後ろ姿は楽しんでいるように感じられます。

このネズミの正体は、湯婆婆の息子の坊カラスの正体湯バードです。

ネズミについては、こちらの記事がおすすめ!

千と千尋の神隠し|坊ネズミの正体ってなに?声は神木隆之介!
『千と千尋の神隠し』に登場するキャラクターで可愛い!とネット上評判になっているのが坊ネズミです。 とくに釜爺が千尋に言う「 えんがちょ」のシーンで、千尋の真似をする姿が可愛いとネットでも評判になっているんです。 今回は、坊ネズミ...

そもそも湯婆婆が、坊を一歩も外に出すことをしなかったので、初めて見る外の世界に坊は夢中だったのでしょう。

それに、銭婆から「ちょっと太り過ぎ」とのことから魔法によりネズミに変えられたことが、坊にとっては外の世界を知るきっかけにもなり、楽しくなったのでしょうね。

こちらの記事もおすすめ!

「えんがちょ」とは?意味は怖いこと?千と千尋の神隠し英語版では?
『千と千尋の神隠し』の釜爺がタタリ虫を踏みつけた千に向かって叫ぶ「えんがちょ」って言葉、どんな意味かわかりますか? 釜爺が「切った」と言いながら千の指の輪っかを切る仕草をしていますが、釜爺は何を切っているのかイマイチわからない...



『千と千尋の神隠し』のネズミとカラス|湯バードはハエドリに!

湯バードは、体がカラス、顔が湯婆婆のキャラクターです。

引用:THE ART OF Spirited Away

湯バードというキャラクター名は、作中では登場しないので「名前があったのね」と感じる方も多いかもしれません。

この湯バードは、湯婆婆の手下として油屋で働いています。

言い換えるとハクの同僚といった感じでしょうか。

 

ちなみに、

湯バードはカラスですが、銭婆の魔法によって変えられた姿はハエドリです。(カラスではないのです)

 

このネズミとカラスのキャラクターは可愛いですよね。

(あっ、ハエドリです)

銭婆によって身軽になった坊と湯バードは、2人いつも一緒。

そして千の肩に乗り、千とも一緒に行動します。

引用:THE ART OF Spirited Away

ネットでも"かわいい"と話題になっており、さまざまなグッズが人気です。

ネズミの丸っこいプニプニしたフォルムや、目がクリクリしたハエドリがなんとも癒されます。

https://twitter.com/donguri_lovela/status/1471320506137997313?s=21



『千と千尋の神隠し』のネズミとカラス|湯バードが戻らないのはなぜ?

作中で、千(千尋)が銭婆に対して、「2人を元に戻してほしい」と、魔法を解くようお願いするシーンがあります。

ところが、坊・湯バードとも魔法が解けているのに自分の意志でネズミとカラスの姿のままになっていました。

このあと、坊は湯婆婆の目の前でネズミから元に戻りますが、ハエドリとなった湯バードは戻らないままで物語は終わります。

 

このことについて、ネットではさまざまな憶測を呼んでいますが、おもに次の3つがあるようです。

◉ハエドリの姿が気に入ったから

◉小回りがきいて動きやすいから

◉また、湯婆婆の元で働きたくなかったから

引用:THE ART OF Spirited Away

どれもありそうですよね。

湯バードのときにはバサバサと音を立てて飛んでいますが、ハエドリとなってからは明らかに身軽です。

自分で、ハエドリとなった姿が"なかなか可愛いじゃん"と思ったのかもしれません(笑)。

とまぁ、いろいろ考えることができますが、私の考えは、

湯婆婆の手下として働くのがイヤだからだと思っています。

湯婆婆って"自分がやりたくない仕事を部下に押し付ける"タイプの上司ですよね。

あれほどの湯屋を経営するトップとしては、手下が必要なことは理解できますが、部下とのコンセンサスなんてものは考えないでしょう。

そう考えると、湯バードは偵察などいろいろやりたくない仕事をやらされていたのではないかと思います。

こんなことを想像すると油屋も、人間世界の中小企業のように身近に感じられますね。

銭婆(ゼニーバ)の名言はこれ!湯婆婆との違いや髪留めについても
スタジオジブリの代表作品『千と千尋の神隠し』は、いまや世界的にも有名な映画です。 その中でも、銭婆(ぜにーば)は妹の湯婆婆(ゆばーば)と違い、人情味あふれる"優しいおばあちゃん"という印象です。 そして、心に染みる名言も多いキャ...



『千と千尋の神隠し』ネズミとカラスの正体は?まとめ

・千(千尋)と共に行動するネズミとカラスの正体は、坊と湯バード
・銭婆の魔法によって、ネズミとハエドリの姿に変えられた
・2人とも魔法が解けているのに、自分の意志で元の姿に戻らなかった
・湯バードが最後までハエドリなのは、湯婆婆の元で働くのがいやだったから

こちらの記事もおすすめ!

「いつも何度でも」のあの楽器って何?主題歌になるまでは驚きのエピソードが!
『千と千尋の神隠し』のエンディングに流れる「いつも何度でも」は、木村弓さんの透き通る声にのせたメロディーがとても印象的な曲です。 あの主題歌で演奏されている楽器はなに?と気になった方も多いのではないでしょうか。 『千と千尋の神隠...
千と千尋の神隠し|海外の反応!中国でおにぎりシーンが絶賛なぜ?
スタジオジブリが中国で大人気となっていることをご存知ですか? 特に『千と千尋の神隠し』は、日本の劇場公開から18年後の2019年に公開されたのにもかかわらず、大人気で興行収入も中国での日本映画の興行収入で1位を獲得しています。 ...
千と千尋の神隠し|声優まとめ!豪華キャストを一挙に紹介します
2001年公開『千と千尋の神隠し』は世界的にも高い評価を受け、スタジオジブリを代表する作品のひとつです。 今回は『千と千尋の神隠し』のキャスト声優をご紹介します。なんと!一度は聞いたことのある"あの曲"の作曲者が演じているのです!どの...



コメント

タイトルとURLをコピーしました