猫の恩返し|ルーン王子がクッキーをくわえてたのはなぜ?声優や種類についても

猫の恩返し
引用:https://www.ghibli.jp/works/baron/
この記事は約6分で読めます。

『猫の恩返し』は2002年に公開されたスタジオジブリの映画作品です。

実はこの作品は同じくスタジオジブリの『耳をすませば』の主人公月島雫が執筆した物語という設定です。

その関係で、『耳をすませば』に登場する猫の男爵バロンとムーンがこの作品にも登場します。

猫の恩返し・耳をすませばのつながりってナニ?バロンとの関係は?
『猫の恩返し』と『耳をすませば』が繋がってるってホント? バロンが両方の作品に登場している!?どうして? 2002年7月に公開された映画『猫の恩返し』は、主人公の女子高生・吉岡ハルが交通事故に遭いそうだった猫を救ったことから始ま...
猫の恩返しのムタ!最後のセリフが聞き取れない!何て言ってる?
映画『猫の恩返し』のラストシーンで、ムタがハルに言った最後セリフって聞き取れましたか? 実は、何て言っているかわからなかったという声が多いシーンなのです。 この、ムタっていう"ふとっちょ猫"は、かなり無愛想なブタ猫ですが...

ある日、平凡な女子高生である主人公ハルがプレゼントのような箱をくわえた猫を助けたところ、実はその猫は猫の国の王子で、ハルは無理やり猫の国の妃にさせられることになって・・・というファンタジー作品です。

その猫がくわえていたものは魚の形のクッキーで、本作ではそのクッキーが作品中で重要なアイテムとなっています。

では、猫の国王子がなぜクッキーのプレゼントBOXをくわえていたのでしょうか?

そこには、主人公ハルとの繋がりがあったのです。

今回は『猫の恩返し』のルーン王子がくわえていたクッキーやキャスト声優、そして猫の種類についてお伝えします。



猫の恩返し|ルーンが買ったクッキーはユキちゃんへのプレゼントだった!!

『猫の恩返し』でハルが助けたルーンがくわえていたものは、ルーンの恋人ユキちゃんへのプレゼントのクッキーでした。

猫王のお城で給士をしているユキちゃんですが、ルーンとユキちゃんは恋人関係にあります。

その昔、みなしごだったユキちゃんは、子猫の時にハルに食べさせてもらった魚の形のクッキーが、彼女の大切な思い出の品なのでした。

そのクッキーは人間界で売られているため、ルーンはそのクッキーを手に入れるために人間界に行ったところ、車に轢かれそうになりハルに助けられるのです。

ユキちゃんとルーン、両方を助けてくれたハルは猫の国で愛される運命にあるようですね。

引用:https://www.ghibli.jp/works/baron/

ユキちゃんにクッキーをあげている小学生当時のハルって、とても可愛らしいですよね。

猫を見てついクッキーをあげてしまう優しさと、ルーンが車に轢かれちゃうのでは?と感じ助ける正義感。

なんだか私の心の中ではそれがリンクして映り、幼い頃から持ち合わせた優しい性格は"相手を思いやる"気持ちに繋がり、成長すると正義感に変わっていくものなんだなぁと感じたものです。



猫の恩返し|クッキーをくわえていたルーンのキャスト声優は山田孝之さん!!

『猫の恩返し』でルーン役を演じている声優さんは何とあの人気俳優山田孝之さんです。

皆さんは山田孝之さんというと、どの作品を思い浮かべますか?

若手の頃は『世界の中心で、愛をさけぶ』や『H2〜君といた日々』では素朴な男子高生役、『勇者ヨシヒコ』シリーズでは非常にコミカルな主人公勇者ヨシヒコ役を、近年ではネット配信ドラマ『全裸監督』への出演のために体形も大きく変化させての参加が話題となっていました。

クリーンな役から少しダーティーな役柄まで演じ切る、演技の幅が非常に広い演技派の俳優さんですよね。

その山田孝之さんが声優に初挑戦したのがこの『猫の恩返し』です。

品が良くて礼儀正しいまさに王子様な役どころのルーン役を見事に演じていらっしゃいます。


『猫の恩返し』で登場するルーンとバロン、どちらも素敵!

『猫の恩返し』には主役級の素敵な猫が2匹登場します。

それがルーンとバロンです。

ルーンは前述のように、声を担当したのは山田孝之さんです。

品良く気高い王子様であるルーン王子は見た目もさることながら、声が本当に魅力的です。

また、ユキちゃんへプロポーズとして婚約指輪のように魚の形のクッキーを出すシーンは、猫の世界のユーモアも感じさせつつキュンとしてしまう場面でもあります。

一方、バロンの声を担当しているのは袴田吉彦さんです。

彼も長年活躍し続けている演技派の俳優さんですよね。

袴田さんの声は、紳士的で落ち着きがありながらも男らしく、バロンのイメージにぴったりですよね。

ピンチに陥るハルを助けに現れる仮面をつけたバロンは、猫ながらもドキドキしてしまうハルの気持ちがよくわかります。

ルーンとバロン、あなたはどっち派?なんていう話題にも花が咲きそうな2匹です。


猫の恩返し|ルーン王子の猫の種類ってなに?

『猫の恩返し』のルーンは王子というだけあって、クッキーを運ぶ姿も大変気高く品のいいヴィジュアルですよね。

オッドアイが特徴的で、毛のカラーも美しいブルーで実際にいたら何という種類の猫なのでしょう。

ルーンの種類はその色と毛並みから「ロシアンブルー」をモデルにしているといわれています。

比較的人気の種類で、購入価格は20万円前後と決して安くはなく、日本での人気も安定して高い猫種のようです。

映画『猫の恩返し』を観てからこの猫種を見ると、なんだか王子様と対峙してるような気分になりそうですね。


猫の恩返し|ルーン王子とおさかなクッキーから味わう作品のまとめ

『猫の恩返し』はジブリの作品の中でも特に素朴で、小さな子どもも親しみやすい映画だと思います。

人間の世界のすぐ近くにも猫の世界が広がっているのかも…なんて考えると私たちのいつもの日常も何だかワクワクしてきそうです。

こんな心温まるストーリーを『耳をすませば』の月島雫が作ったと想像すると、ますますこの作品の味わいが広がりますね。

実は、この魚の形のクッキーは、実在するモデルとなったお店で買うことができるのです!

 

『猫の恩返し』がジブリで一番好き!楽く観るポイントはココ!!
『猫の恩返し』が2021年"夏はジブリ"金曜ロードショーで8月20日に放送されることが決まりました! 猫好きにはたまらない作品ですよね! 楽しい個性豊かなキャラクター猫の登場や、猫男爵のバロンのカッコ良さにキュンとする映...

あなたも、お魚クッキーを手にしたら、もう猫の世界への入り口にいるのかも知れません。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

『猫の恩返し』の舞台はどこ?モデル地にあのお店が実在する!?
『猫の恩返し』の舞台となった街ってどこかご存知ですか?横浜や東京といわれていますが、スタジオジブリが公式に"大いに参考にした場所"として"横浜元町"を挙げています。 今回は『猫の恩返し』の舞台となった街について、お送りします。 ...



コメント

タイトルとURLをコピーしました