ハウルの動く城の声優|ソフィーの若い頃は?ハウルはなぜ鳥に?

ハウルの動く城
引用:https://www.ghibli.jp/works/howl/
この記事は約6分で読めます。

2004年に公開された映画『ハウルの動く城』

宮崎駿さんの監督作品としては、映画『千と千尋の神隠し』(2002年公開:スタジオジブリ歴代興行収入第1位)の次作ということで、とても注目された中での公開でした。

ふたを開けたら、公開2日目で観客動員数が110万人!興行収入14億8000万円という、当時の日本映画としては歴代最高のスタートを切った映画です。

その結果、興行収入196億円、観客動員数1500万人という、スタジオジブリ作品としては映画『千と千尋の神隠し』に次ぐ、歴代2位の記録を打ち出しました。

私が"アニメ"という言葉を映画情報の中でよく耳にするようになったのも、この時期です。

スタジオジブリは、まさしく日本の劇場用長編アニメーションの歴史を作ったパイオニアなんだと再認識しました!

そして、はじめて2006年にテレビ放送された時の視聴率がなんと!

"32.9%"

そのあとの放送でも視聴率約15〜19%をキープしていることが多く人気の高い作品です。

今回は、当時大変話題になったハウルとソフィーのキャスト声優について調べてみます。




ハウルの動く城の声優|ハウルのキャスト声優は誰?

ハウルのキャスト声優を務めたのは、木村拓哉さんです。

木村拓哉さんが選ばれた経緯は、なんでも、ご自身で録音した声を宮崎駿監督に届けたとか。

そして木村拓哉さんご自身が、新鮮さに欠けるという理由から、本番まで台本を音読していなかったようで、このことは有名なエピソードとなっているようです。

木村拓哉さんのスタジオジブリ作品に対する情熱が伝わってくるエピソードですよね。

意外に、それまでも声のお仕事はされていたようですが、最近では映画ドラえもんのキャスト声優として出演されるなど、俳優以外でも活躍されています。

"ハウルとキムタク"どちらもイケメン繋がりで、ありがたい限りです!

 

さて、このハウルの声"下手くそ"などという人もいるようですが、みなさんはどんな印象を持たれたでしょうか?

私は、ハウルが"心臓を奪われている"という状況にあるため、あまり感情をあらわにしないという演出があったのではないかと感じています。

スタジオジブリ作品では"声優をあまり起用しない"ことが特徴といわれていますが、1990年以降の作品からは、特に主役級のキャストに俳優を起用することが多くなりました。

現在でももちろん、声優を本業とされて活躍している方はいますが、俳優やタレントそしてお笑い芸人など、さまざまな分野の方が声優として活躍されるようになってきましたよね。

このようなスタジオジブリの映画制作の手法がパイオニアとなっていることに気づくと共に、あらためて宮崎駿監督と高畑勲監督の偉大さを実感します。

キムタクのアフレコエピソードは、こちらもどうぞ!

『ハウルの動く城』キムタクの起用はなぜ?そこには意外な理由が!
2004年公開の映画『ハウルの動く城』は興行収入196億円、観客動員数1500万人を動員。2004,2005年連続で興行収入第1位を記録するなど、スタジオジブリとしては『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』に次ぐ大ヒット作品です。 また映...



ハウルの動く城の声優|ソフィー若い頃のキャスト声優は、ソフィーおばあさんとは別人?

ソフィーの若い頃のキャスト声優は、倍賞千恵子さんです。

『ハウルの動く城』は、ヒロイン・ソフィーが"荒地の魔女"の呪いで90歳の老婆にされてしまうところからストーリーが展開されますが、

18歳のソフィー・90歳のおばあさん、両方のキャスト声優を倍賞千恵子さんが務めました。

ちなみに、倍賞千恵子さんは映画『ハウルの動く城』の主題歌「世界の約束」で歌声も披露しています。ジブリ作品でヒロイン役のキャスト声優が主題歌を歌っているのは、映画『紅の豚』ジーナ役の加藤登紀子さん以来なんですよ。

倍賞千恵子さんといえば、映画『男はつらいよ』の主人公・車寅次郎(寅さん)の妹・諏訪さくら役で有名ですね。女優・歌手・声優と幅広く活動されている日本を代表する女優さんです。

近年では、俳優がナレーターを担当するという番組も多くなりました。倍賞千恵子さんもNHKや民放問わず、さまざまな番組でナレーターとして活躍されています。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

紅の豚|ジーナが歌う「さくらんぼの実る頃」の歌詞は何語?なぜこの曲?
『紅の豚』といえば、ジブリ作品の中では数少ない"大人向け"に制作されたといってもよい作品です。 その中でも特に"大人"感たっぷりなのが、マダム・ジーナではないでしょうか。 あの、色っぽいなんて言葉では表現しきれないほど容姿端麗な...



ハウルの動く城|ハウルはなぜ鳥の姿に?

映画『ハウルの動く城』で、いろいろな姿に変身するハウルですが、その中でも注目したいのが、

鳥姿への変身ではありませんか?

私は「えっ!?」と思いました。

引用:https://www.ghibli.jp/works/howl/

では、なぜ鳥などに変身してしまうのでしょう?

それは、ハウルの心(心臓)を奪うこととなった"カルシファー"との契約に秘密があるようです。

その契約の期間が長くなることで、徐々に悪魔の操り人形と化してしまい、化け物なってしまうという理由がありました。

しかし、この心臓を奪われたハウルの心にあいた穴を埋めていくのが、ソフィーなんですね!(嬉)

そして戦火からソフィーを守っていくことで徐々に心を戻していく!やはり素敵です。

 

映画『ハウルの動く城』は、ファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(イギリスの作家:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著)を読んだ宮崎駿監督が"家が動く"などのストーリーに興味を持ち映画化となりました。

そして、宮崎駿監督は、後半で原作にはない"戦争"を付け加えました。

これまで描いたことのない"戦火の恋"をテーマにしたいという意向があったようで、ソフィーやハウルをはじめとした人たちとの生活を描きながら、家族・戦争というテーマが物語の奥深くにあり、またそんな視点で作品が観たくなりました。

あわせてこちらの記事もどうぞ!

『ハウルの動く城』サリマンを深掘り!小姓や魔法の力についても解説!
『ハウルの動く城』でハウルの魔力を奪おうと狙うハウルのかつての師匠、サリマン。 この作品の中で、彼女はどのような存在なのでしょうか。 今回はサリマン周辺の小姓や彼女の魔力、キャスト声優さんやセリフなどについて掘り下げていきたいと...
かかしのカブの正体|なぜカブになった?呪いの意味やキャスト声優についても
映画『ハウルの動く城』に登場するかかしのカブは、何かとソフィーを援護し、城の住人からも信頼を得ている心優しいキャラクターですよね。 劇中のほとんどがセリフなしのため、ひとつひとつの行動がとても印象的です。 物語の終盤には、えーっ...



ハウルの動く城の声優、ハウルはなぜ鳥に?|まとめ

・ハウルのキャスト声優は、木村拓哉さん
・ソフィーの若い頃のキャスト声優は、倍賞千恵子さん
・(ちなみに、ソフィーおばあさんのキャスト声優も、倍賞千恵子さん)
・ハウルが鳥の姿になったのは、カルシファーとの契約期間が長期化したため
こちらの記事もおすすめ!
ハウルの動く城|カルシファー声優 我修院達也の起用は監督からのオファーだった!
2004年公開『ハウルの動く城』に登場するカルシファーはとても独特な魅力ある声をしているキャラクターですよね。 カルシファーの声優は、かつてモノマネ芸人"若人あきら"としてブレイクした我修院達也さんです。 声優起用のきっかけは、...
『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種は?正体やモデルぬいぐるみや声優を紹介!
宮崎駿監督の2004年公開『ハウルの動く城』に登場するキャラクターは、さまざまな特徴があり見ていてとても楽しいキャラクターばかりです。 その中でも「犬のヒン」はセリフが鳴き声だけなのに、とても存在感のあるキャラクターとして活躍します。...



コメント

タイトルとURLをコピーしました