『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種は?正体やモデルぬいぐるみや声優を紹介!

ハウルの動く城
引用:https://www.ghibli.jp/works/howl/
この記事は約7分で読めます。

宮崎駿監督の2004年公開『ハウルの動く城』に登場するキャラクターは、さまざまな特徴があり見ていてとても楽しいキャラクターばかりです。

その中でも「犬のヒン」はセリフが鳴き声だけなのに、とても存在感のあるキャラクターとして活躍します。

今回は『ハウルの動く城』のキャラクター犬のヒンについて、気になる犬種や正体、そしてつい買いたくなっちゃうような可愛いぬいぐるみについて、お送りしたいと思います。




『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種は"プチバセット"

『ハウルの動く城』に登場する犬の「ヒン」ですが、この犬種が何なのか、とても気になりました。

スタジオジブリの公式としては示されていませんが、その風貌から、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンといわれています。

長い名前ですよね!由来は

プチ(ちいさな)
バセット(低い)
グリフォン(剛毛)
バンデーン(フランスの地域名)

見た目、毛質はフサフサ柔らかい印象ですが、猟犬ですし、お名前から察すると、硬い毛質のワンちゃんなのでしょうか。

ブリーダーなどからはプチバセットと呼ばれているようです。

とっても可愛い子ちゃん。

なんでもフランス原産の猟犬とのこと。日本ではまだまだ希少種のようですが、飼いやすい犬種ということ、人懐っこくて陽気、素直な性格など、今後ますます人気になっていきそうなワンちゃんですね。


『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種はプチバセット|正体はなに?

ヒンは、王室付き魔女であるサリマンの使い魔です。そしてサリマンは魔法学校の校長でハウルの魔法使いとしての実力を認めている魔女です。

ハウルを戦争に加担させたいサリマンは、ヒンを使い魔としてハウルのところへ送り込み、いわゆる偵察をさせていました。ヒンが目にしたものは、サリマンの水晶玉に映し出されるようになっており、状況を逐次確認していたようです。

しかし、ヒンはソフィーたちとともに生活をするようになったら、どんどんソフィーたちに懐いていきます。

ということは、サリマンは水晶玉にヒンが見た情報はいくものの、偵察途中でサリマンから指示を出すことはできなかったということですよね。

物語の終盤に「ばかばかしい戦争は終わりにしましょう」とサリマンが語ったとき、ソフィーたちに懐いたヒンに対し"浮気者"と言っていることで、その状況が想像できます。

引用:https://www.ghibli.jp/works/howl/

では、ヒンはもとから犬なのでしょうか?

ちなみに、原作で出てくる犬は、国王の弟であるジャスティン殿下が呪いをかけられ犬になったという設定です。

そして『ハウルの動く城』の初期のイメージボードでは、ヒンとは違った様相の"人間っぽい犬"が描かれていました。

いかにも!こんな感じの貴族がいそうですよね。

映画では終始、犬のままでしたが、もしかしてヒンは人間だったの?と思わせるシーンが、あの荒地の魔女とソフィーが王宮の階段を登るシーンです。

引用:https://www.ghibli.jp/works/howl/

ソフィーが、階段を登れないヒンを抱いた時に、見た目とはかけ離れた重さにヨロヨロしながらヒンを登らせた、という描写があります。

ハウルの動く城|荒地の魔女の若い頃はかわいい?ハウルの元カノだった!?
荒地の魔女(あれちのまじょ)が昔、若い頃ハウルの恋人だったってホント!? 階段のシーン以降、おばあちゃんになってかわいい姿がなんとも印象的! 2004年公開の映画『ハウルの動く城』に登場する、荒地の魔女(あれちのまじょ)。 ...
ハウルの動く城の声優|ソフィーの若い頃は?ハウルはなぜ鳥に?
2004年に公開された映画『ハウルの動く城』 宮崎駿さんの監督作品としては、映画『千と千尋の神隠し』(2002年公開:スタジオジブリ歴代興行収入第1位)の次作ということで、とても注目された中での公開でした。 ふたを開けたら、公開...

 



『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種はプチバセット|名前の由来は?

ヒンという名前は、そ鳴き声からソフィーが呼び始めた名前です。

たしかに、ぜんそく持ちのおじいちゃんが、しゃべり出した途端に咳が止まらなくなった時のような話し声です。

しかし、飼い主?はサリマンです。サリマンがつけた名前がちゃんとあります。ベンジャミンです。

でも、宮崎駿監督が描いた絵コンテには、犬のことをジャスティンと書いているのです。

ジャスティンは、原作でいう国王の弟の名前です。映画では犬のままでしたが、もしかしたら人間犬だったのかもしれませんね。

ちなみに、ヒンは原作には登場しないキャラクターです。


『ハウルの動く城』ヒンの犬種はプチバセット|モデルがいる?

初期のイメージボードとは違う様相になったヒンですが、実はモデルがいるのです。それは
映画監督の押井守さんです。

いかがです?

貴族風の描かれた、初期のイメージボードを見たあとに、ヒンと押井監督を見ると、もうヒンは押井監督にしか見えないほど激似です(笑)。

押井監督は、宮崎駿監督や高畑勲監督とは旧知の中であり、その親しい関係性が伺えるようなキャラクターになっていますよね。

そして押井監督は犬好きでも知られていて、そのことが宮崎駿監督のイメージを膨らませ、ヒンが誕生したのでしょうか。あくまで想像ですが、なんだか二人のとてもいい関係にほっこりします。



『ハウルの動く城』犬のヒン|声優はあの大俳優!

ヒンの声優は、原田大二郎(はらだ だいじろう)さんです。

1944年4月5日山口県生まれ
出演作品はテレビドラマ『Gメン75』やテレビのバラエティでは『天才たけしの元気が出るテレビ』など。映画は『蒲田行進曲』『極道の妻たち』などにご出演されました。
現在は舞台、講演、文筆活動など多岐にわたってご活躍されています。



『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種はプチバセット|ぬいぐるみが可愛い

ヒンって、その見た目からは決して可愛いとは言い難い"はず"なんですが、これまたなんとも可愛らしいヒンを発見しました!

その名も「がんばれ!ヒンモップ」

ちょっとコレ、可愛すぎませんか?
そしてこのモップでお掃除をしている人はいるのでしょうか?ツイートを見ると「飾っています」という声ばかりです。

たしかに!私もこの可愛さならお掃除には使えません(笑)。それと目元がやっぱり"押井監督"ですよね。

耳がパタパタめくれた感じも、魅力的です!

お掃除道具だということを忘れてしまうほどの可愛さ、ぜひ欲しいです。


『ハウルの動く城』犬(ヒン)の犬種は何?|まとめ

ヒンの犬種は、公式には示されておらず、その風貌から、プチバセットグリフォンバンデーン
ヒンの正体は、サリマンがハウルの偵察のために送った"使い魔"
ヒンの名前の由来は「ヒンッ」の鳴き声から、ソフィーが呼んだ
ヒンのモデルは、宮崎駿監督とは旧知の中である押井守監督(しかも激似!)
ヒンの声優は、原田大二郎さん
こちらの記事もおすすめです!
『ハウルの動く城』キムタクの起用はなぜ?そこには意外な理由が!
2004年公開の映画『ハウルの動く城』は興行収入196億円、観客動員数1500万人を動員。2004,2005年連続で興行収入第1位を記録するなど、スタジオジブリとしては『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』に次ぐ大ヒット作品です。 また映...
かかしのカブの正体|なぜカブになった?呪いの意味やキャスト声優についても
映画『ハウルの動く城』に登場するかかしのカブは、何かとソフィーを援護し、城の住人からも信頼を得ている心優しいキャラクターですよね。 劇中のほとんどがセリフなしのため、ひとつひとつの行動がとても印象的です。 物語の終盤には、えーっ...
ハウルの動く城|カルシファー声優 我修院達也の起用は監督からのオファーだった!
2004年公開『ハウルの動く城』に登場するカルシファーはとても独特な魅力ある声をしているキャラクターですよね。 カルシファーの声優は、かつてモノマネ芸人"若人あきら"としてブレイクした我修院達也さんです。 声優起用のきっかけは、...



コメント

タイトルとURLをコピーしました