となりのトトロ|ポスターに描かれた少女の謎!あの女の子は誰?

となりのトトロ
引用:https://www.ghibli.jp/works/totoro/
この記事は約5分で読めます。

『となりのトトロ』のポスターをよーく見たことありますか?トトロのとなりにいる少女が、サツキでもないメイでもないのです。ネットで噂されていたので、あわてて我が家のDVDのジャケットをみたら、

あれれ?

洋服の色で、サツキとすっかり思い込んでいたのですがよく見るとメイのような、でもサツキのような・・・

この女の子は誰?と噂されるのも、なるほどです!

今回は、この少女の謎についてお伝えします。




となりのトトロ ポスターの少女|あの子は誰?

となりのトトロのポスターは、メイをおんぶしたサツキ傘をさしているトトロが並んでいるシーンが浮かぶのではないでしょうか。

では、ポスターをみてみましょう!

お父さんの傘を持った女の子は、洋服がサツキで、顔はメイに見えませんか?

そして、トトロは傘をささずに立っています。

びっくりですね!私は言われるまで、このことに気づかなかったくらいです(笑)。

では、実際映画のシーンでは、お父さんが乗ったバスが来るのを待ちきれず、眠たくなってしまったメイをおんぶするサツキと、傘をさしたトトロが並んで立っています。

この、ポスターと映画の違いは、当初の設定が女の子1人だったからなのです。

ということは、ポスターの女の子は、メイでもなく、サツキでもないということなんですね。

こちらもおすすめ

となりのトトロのお父さんの声は棒読み?仕事や年齢についても
スタジオジブリ作品のキャラクターで「だれ推し?」と聞かれたら、私は迷わず『となりのトトロ』のお父さんと答えます(笑)。 とても素敵なお父さんですよね!兄弟ではなく"姉妹の父親"ってイメージがピッタリなお父さんです。 妻の入院中、...
となりのトトロ|メイの年齢はいくつ?苗字は?言い間違いするけど名言!?
1988年公開のスタジオジブリ作品 映画『となりのトトロ』 いまや、トトロと聞いて知らない子どもはいないのではないか?というほどの人気作品ですよね。 子どもをお持ちの親御さんに人気の映画というだけあって、想像力をかき立てる素晴ら...



となりのトトロ ポスターの少女|メイでもサツキでもない

では、なぜ当初1人だった主人公の少女が、2人になってしまったのでしょうか?

これには、いろいろなエピソードがあるようです。では、見ていきましょう!

となりのトトロ ポスターの少女|上映時間を長くするために姉妹が誕生

当時スタジオジブリでは、高畑勲監督と宮崎駿監督の"二本立て制作"を考えていました。高畑勲監督が『火垂るの墓』そして宮崎駿監督が『となりのトトロ』です。

この企画を考えた鈴木敏夫プロデューサーは、それぞれの上映時間を"中編60分ぐらいの作品"と考えていました。

ところが、制作作業が進むにつれ『火垂るの墓』が、どうやら60分を超えて80分ぐらいになるらしい、と聞いた宮崎駿監督が、1人だった主人公の少女を姉妹にする、と言い出したとのこと。

"サツキとメイは、宮崎駿の負けず嫌いの性格から誕生したのです。"と鈴木敏夫プロデューサーが語っています。(ジブリの教科書3 となりのトトロより引用)

ちなみに、当初設定されていた女の子は、メイという名前で5歳でした。

ちなみに、この上映時間の件ですが『火垂るの墓』は88分になりました。これに対して『となりのトトロ』は86分です。

この"86分"になったエピソードが、とても宮崎駿監督らしいのです。鈴木敏夫プロデューサーが語っています。

高畑作品88分に対して、宮崎駿は86分で作るんです。「2分でも短けりゃ誉められるだろう」と。あれは、どういう意味だったんでしょうね。いまだにわかりません(笑)。宮さんって人、いい人なんです。情が厚くて、お節介で。自分のほうも大変なのに、毎日『火垂るの墓』の過酷なスケジュールを正確につかんでいた。毎日毎日、そちらの制作を読んでは調べていたようです。
(ジブリの教科書3 となりのトトロ より引用)
高畑勲監督に対する、宮崎駿監督の熱い思いが伝わるエピソードです。
お二方はとてもいい関係でお仕事をされていたことが感じられますね。



となりのトトロ ポスターの少女|なぜ姉妹にしなかったのか?

上映時間の関係で、サツキとメイが誕生したというのは、なんともビックリ!なエピソードでしたね。あらためて宮崎駿監督の凄さが感じられるエピソードでした。

であるならば!
ポスターもサツキとメイに描き直すの?とおもいきや"あの服はサツキで顔がメイの女の子"はそのままです。

なぜポスターに姉妹を描かなかったのでしょうか?
このことについても、鈴木敏夫プロデューサーが語っています。

いよいよ映画を作って、ポスターを描かなければいけないとなりました。もともとバス停でトトロと女の子が立っている絵があったんですけど、その時は姉妹でなくて一人だったので、宮さんも今度はトトロの隣にサツキとメイの二人を立たせようとしたんです。でも、うまくいかない。それで女の子は、メイとサツキの合体になりました。
(ジブリの教科書3 となりのトトロ より引用)

"うまくいかないから"という理由で、サツキとメイが合体した女の子がポスターになってしまうんですね。

映画の本編に登場しないキャラクターがポスターに描かれているということが、とても凄いことだと感じたのですが、言い換えれば、宮崎駿監督のトトロに対する"思い入れ"も感じられ、ファンとしてはとても嬉しいエピソードです。

宮崎駿監督が考える子どもにとって大切なもの



となりのトトロ ポスターの少女の謎|まとめ

子どもと何度も何度も見てきた『となりのトトロ』、制作過程のこんなエピソードを聞くと、また違った視点で映画が楽しめそうです。

・『となりのトトロ』当初の設定は、上映時間60分で、主人公の少女は1人だった。
・同時上映『火垂るの墓』の上映時間が80分を超えることを聞いた宮崎駿監督が、
 主人公の少女を1人から姉妹に変更した。
・当初の主人公の少女は、サツキとメイの合体した女の子だった。
・『となりのトトロ』のポスターの女の子は、当初設定していた主人公の女の子のまま。
・なぜポスターは姉妹にしなかったかは、二人立たせたらうまくいかなかったから。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

トトロの歌さんぽ「歩こう〜♪」はジブリデビューにピッタリ!
スタジオジブリが設立されてから30年以上が経過し、いまや"ジブリを観て育った"という、子育て中の親御さんも多いと思います。 大人になると、それぞれ"推しジブリ"の作品が出てくると思いますが、いざ自分が親になってみて、子どもにジ...
トトロって何者なの?と聞かれたら正体を答えられる?
映画『となりのトトロ』をご覧になったことがある方はもちろんですが、映画をご覧になっていない方でも"トトロ"と聞いて「あぁ、あのアニメのキャラクターね」と答えることができる方は多いのではないでしょうか? これだけの認知度を誇る"...



コメント

タイトルとURLをコピーしました