崖の上のポニョ|キャスト声優やあらすじ、みどころをご紹介!

崖の上のポニョ
この記事は約10分で読めます。

2008年公開の映画『崖の上のポニョ』は、観客動員が1200万人、興行収入が155億円と、スタジオジブリ作品の中では4番目のヒット作品なのです。

また、はじめてテレビで放送されたのが(日本テレビ『金曜特別ロードショー』)、公開から2年後の2010年でしたが、その時の視聴率がなんと!29.8%と、すごい人気でした。

公開当時は、豪華な声優陣がとても話題になりました。

今回は『崖の上のポニョ』のキャスト声優をご紹介します。



崖の上のポニョのキャスト声優|あらすじ&みどころ

さかなの女の子"ポニョ"が主人公の物語。

ある日ポニョが、海底から家出をして海岸に出たところ、体が空瓶に挟まってしまい保育園児の宗介(そうすけ)に助けられます。

ポニョは、宗介が名付けたポニョという名前を気に入り、それからふたりはお互いを好きになり、やがてポニョは人間になりたいという気持ちを持つようになります。

"とにかく宗介が好き"というポニョと、5歳とは思えないほど、さまざまな知識を持つ"頼もしい"宗介、2人のやりとりの可愛さや、激しい嵐・津波など、2人に起こる出来事を乗り越えていく姿がみどころです。

"人間になりたい"

そんなポニョの気持ちに反対する、魔法使いであるポニョの父フジモト、宗介のポニョに対する気持ちが揺るがないことを条件にして、人間になることが良いと提案するポニョの母である海の女神グランマンマーレ。

魚も人間も、子どもの将来について、両親それぞれ違った考え方の環境下で育つのは一緒なんだなぁ、と思わせる作品です。子どもに対して、心配や期待をする親ごころの描写も見どころの一つではないかと思います。



崖の上のポニョ|豪華なキャスト声優を紹介!

では、豪華なキャスト声優陣をみていきましょう!

『崖の上のポニョ』声優|リサ [宗介の母]:山口智子(やまぐち ともこ)

1964年生まれ、栃木県出身。モデルなどのお仕事をした後、1988年、24歳のときにNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』で女優デビュー。1990年代、トレンディードラマ全盛の頃は、もう"なくてはならない存在"でした。そのなかでも「ロングバケーション」は代表作ですが、この作品以降、女優業から主婦業を軸にした生活を選択し、しばらくメディアに出ることはありませんでした。

女優業の活動を縮小していましたが、その後CMに登場するたび「相変わらずキレイだなぁ」と思いながら見ていました。

映画『崖の上のポニョ』でリサ役を務めたことがきっかけで、鈴木敏夫プロデューサーとはその後も交流があるようですよ。そんな楽しいお話しはTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で聞くことができます!

 

この山口智子さんの演技ですが"リサは山口智子をモデルにしたの?"と思うくらいピッタリで、私はびっくりしました!宗介が両親のことを名前で呼ぶことも、とても好感が持てました。

ご家庭によっては、こんな感想にお叱りを受けるかもしれませんし、私も自分の子どもに、そうさせるのか?と聞かれたら、YESではないかもしれません。

でも宗介は、責任感が強く、とても自立した男の子だなぁと感じました。それはリサが宗介を年齢に関係なく"ひとりの人間"として尊重している、そのことが両親を名前で呼ぶことに繋がるのでは?と私は感じています。



『崖の上のポニョ』声優|耕一 [宗介の父]:長嶋一茂(ながしま かずしげ)

1966年生まれ、東京都出身。言わずと知れた、元プロ野球選手・監督の長嶋茂雄さんのご長男です。プロ野球選手を引退した後は、スポーツキャスターと俳優業を両立され、2002年には、映画『ミスター・ルーキー』で日本アカデミー賞新人賞を受賞されるなど、マルチに活躍されています。

私は、長嶋一茂さんがコメンテーターとしてご出演されている情報番組をよく観るのですが、歯に衣着せぬ語り口がとても好きです。

耕一とリサはとても夫婦仲がいいですよね!モールス信号でやりとりする姿など、とても羨ましいなぁ、と思いながら観ていました。貨物船の船長という仕事柄、亭主の留守宅を預かる奥さん(リサ)に対して感謝の気持ちがチラホラ垣間見えるところなど、長嶋一茂さんは上手に表現されているように感じています。



『崖の上のポニョ』声優|グランマンマーレ[ポニョのおかあさん]:天海祐希(あまみ ゆうき)

1967年生まれ、東京都出身。宝塚音楽学校を首席で卒業し、史上最年少の25歳で宝塚歌劇団月組のトップスターとなったすんごい方。28歳で宝塚を退団後は女優としてご活躍!さまざまなドラマや映画にご出演されています。「理想の上司」ランキングでは、トップの常連!男女問わずファンが多いんですよね。

声優のお仕事としては、グランマンマーレ以外に、名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年)のキュラソー役や、メアリと魔女の花(2017年)のマダム・マンブルチューク役でご出演されています。

なんでも『崖の上のポニョ』収録の際には、宮崎駿監督から「もっと色っぽく」との指示があり、困惑したとのエピソードを映画の初日舞台挨拶で語ってくれましたが、ジブリ作品が昔から大好きだったので出演できたことが夢のようで嬉しかった思いを振り返っています。

そして、完成した作品を観た天海祐希さんは"相手を思いやる"という大きなテーマが胸に迫ってきて、涙が止まらなかったとも語っています。

そうなんですよね。たしかに、私も映画の途中から涙が止まりませんでした。当時、一緒に観ていた我が家の子どもには「また泣いてるの?」と言われていました(笑)。



『崖の上のポニョ』声優|フジモト[ポニョのお父さん]:所ジョージ(ところ ジョージ)

1955年生まれ、埼玉県出身。歌手、コメディアン、司会者、俳優など、マルチに活動をされている国民的な人気タレントです。声優としてのお仕事も有名ですよね。中でもトイ・ストーリーのバズ・ライトイヤーは、まさにハマり役で、子どもたちにも大人気です。

フジモトの演技は、とても"父親らしさ"が出ていていいなぁ、と感じました。娘を心配する親の気持ちがよく表現されていたと思っています。

ちなみに、波の形をした水魚(フジモトが操る魔物)の声も、所ジョージさんが務めました。



『崖の上のポニョ』声優|ポニョ:奈良柚莉愛(なら ゆりあ)

1999年生まれ、千葉県出身。赤ちゃんモデルとしてデビューし、ポニョのキャスト声優を務めた時は9歳でした。子役や歌手として活動していましたが、現在は神月柚莉愛(こうづき ゆりあ)として女優活動されているようです。

『崖の上のポニョ』声優|宗介:土井洋輝(どい ひろき)

1999年生まれ、広島県出身。宗介のキャスト声優を務めた時には9歳でした。ポニョの奈良柚莉愛さんと同い年だったんですね。

土井洋輝さんは6歳ごろから子役として活動されていましたが『崖の上のポニョ』に出演した9歳以降は、活動情報がありませんでした。映画の公開から10年以上が経過していますが、現在はどんな男性に成長されているのでしょうね?

子役としての活動は、その後の人生を歩むためのいい経験となっているのではないでしょうか?なかなかできる経験ではないですからね。

劇中では、幼いながらも宗介の男らしさが光っていました。ポニョをずっと好きでいてくれるだろうな〜という安心感もありました。そんな宗介のイメージを、土井洋輝さんはしっかり表現できていると感じています。

ちなみに、そうすけの名前の由来は、あの有名な作家が関係している?ようですよ。

くわしくは、こちらをご覧ください。

崖の上のポニョ|そうすけの苗字ヒントは夏目漱石!?なぜ両親を呼び捨て?
2008年公開のスタジオジブリ作品『崖の上のポニョ』。 この作品に登場する主人公ポニョの心を射止めたのが"そうすけ"という男の子! そうすけは、とても優しい子ですが、優しいだけではなくとても勇敢な男の子でもあります。 さて...



『崖の上のポニョ』声優|婦人:柊 瑠美(ひいらぎ るみ)

1987年生まれ、東京都出身。6歳のころから子役として活動をしていましたが、14歳のとき『千と千尋の神隠し』で荻野千尋(おぎのちひろ)役を演じて一躍有名になりました。その後も、さまざまなテレビドラマにご出演されており、NHKの「ニャンちゅうワールド放送局」では、3代目おねえさんを歴代最高の4年間務めるなど、ご活躍されています。

今回、柊瑠美さんが演じた、映画『崖の上のポニョ』の婦人役ですが、柊瑠美さんに決まるまでのエピソードが、前出の「鈴木敏夫のジブリ汗みまれ」で語られています。『千と千尋の神隠し』から7年経った柊瑠美さんと鈴木敏夫さんのお話は、とても興味深いものになっていますよ。



『崖の上のポニョ』声優|ポニョの妹たち:矢野顕子(やの あきこ)

1955年生まれ、東京都ご出身。1973年にデビューしシンガーソングライターとしてご活躍されています。矢野さんの音楽に対する感性は鋭いものがあり、特定のジャンルに絞ることなく作編曲をおこない、またさまざまな音楽ユニットを組んで演奏するなど、幅広い年齢層に支持されているアーティストです。現在はニューヨークを拠点に音楽活動をされていますが、定期的に「さとがえるコンサート」を日本帰国時に行っています。

スタジオジブリ作品では『ホーホケキョ となりの山田くん』で音楽を担当、藤原先生役としてキャスト声優も務められています。また、ジブリ美術館で上映されている『やどさがし』や『水グモもんもん』にも、キャスト声優としてご出演されています。

ジブリ美術館については、こちらもどうぞ!

ジブリ美術館チケットの空き状況チェックはローチケで!
「三鷹の森ジブリ美術館」のチケットってなかなか取れないって聞くけど、確実に取る方法を知りたいですよね。 チケットの入手方法を知って、ポイントをおさえればゲットできるハズ! 「三鷹の森ジブリ美術館」は子どもが楽しめる美術館であるこ...
ジブリ美術館に子どもを連れて行くときのポイント!レビューと感想
「三鷹の森ジブリ美術館」はジブリファンはもちろん、家族みんなが"楽しめる美術館"として人気のスポットです。 我が家も初めて、小学校低学年の子どもとお友達家族と一緒に行ってきました!大人も子どもも大満足&また行きたい!と感じさせ...



『崖の上のポニョ』声優|カレン:大橋のぞみ(おおはし のぞみ)

1999年生まれ、3歳の時に子役デビューし「ザ!世界仰天ニュース」の再現ドラマや「世にも奇妙な物語」などにご出演、活動していました。映画『崖の上のポニョ』の出演時は、ポニョの奈良さんや宗介の土井さんと同じ9歳でした。

そして、この大橋のぞみさんは、キャスト声優を務めたことがきっかけで『崖の上のポニョ』の主題歌を歌うことになった女の子でもあるのです!

この映画は公開より半年前に主題歌が発表され、その発表記者会見の時の様子がポッドキャストで聴くことができます。

くわしくはこちらをご覧ください

崖の上のポニョ|歌っているおじさんって誰?女の子の今は?
2008年公開の映画『崖の上のポニョ』で「ポ〜ニョ♪ポ〜ニョポニョ♪ さかなの子♪」と歌っていたおじさんって、いったい誰だったのでしょうか? 女の子の可愛らしさが印象的な"藤岡藤巻と大橋のぞみ"。 その年の紅白歌合戦にも出場...



『崖の上のポニョ』声優|その他のキャスト声優

「ひまわりの家」利用者のご老人三人、トキ/吉行和子(よしゆき かずこ)さん、ヨシエ/奈良岡朋子(ならおか ともこ)さん、カヨ/左時枝(ひだり ときえ)さんが演じています。

ちなみに、トキさんは宮崎駿監督のお母様がモデルだと言われています。



『崖の上のポニョ』声優|まとめ

キャスト声優陣の顔ぶれ、いかがでしたか?

実写のドラマが作れるのでは?と思わせるほどの豪華さですよね。スタジオジブリ作品は、キャスト声優として"俳優"を起用することが多いと言われていますが、たしかにそうですよね。

観る側からすると"あの俳優さんが声優をやっている作品なんだ"との見方もできて、ある意味嬉しく思っています。

ぜひ、さまざまな見方で、ジブリ作品を感じてみてはいかがですか?

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました