PR

魔女の宅急便|登場人物を全紹介!キャラクター一覧まとめ

魔女の宅急便
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

『魔女の宅急便』のあらすじを登場人物の魅力を紹介しながらお伝えします!

1989年の公開からすでに30年以上が経っていますが、いまだに色あせることなく主人公キキの心が揺れながら成長してゆく姿に胸が熱くなる映画です。

また、キキの家族やコリコの街の人々とのふれあいの中で、多感な時期に思いを深くする主人公の気持ちが、手にとるように感じられる作品でもあります。

少女の物語ですが、大人になってから観ても、心の奥のドアをノックしてくれるようなお話なんですよね。

そしてつい、同年代の子どもを持つ親の視点で観てしまい、ほっこりしたり涙したりする作品でもあるのです(笑)。

今回は『魔女の宅急便』のあらすじを登場人物の紹介とともにお伝えします!




魔女の宅急便【登場人物とあらすじ】キキの家族たち

『魔女の宅急便』には、印象に残るキャラクターがたくさん登場しますよね。

ではさっそく、キキの家族たちから、一緒に見ていきましょう!

魔女の宅急便【登場人物】 キキ 13歳

この物語のヒロイン。

13歳になったばかりの魔女。魔女の世界の掟として"13歳になったら故郷を離れて1年間一人で暮らす"という修業に出ることになっています。これまで習得した魔法は"空を飛ぶこと"だけです。

キキは、自分の力で修業する街を探してコリコの街にたどり着き、特技を生かした仕事"おとどけものやさん"を始めます。

"仕事をする"ということの厳しさや楽しさを、真正面から受け止めて少女が大人になっていく姿がとても印象的です。

『魔女の宅急便』キキの性格って悪い?どんな女の子か深掘り!
『魔女の宅急便』キキの性格は"活発な女の子"ってイメージですよね。 でも、喜怒哀楽が激しいからか"性格が悪い"との声もあるキャラクターです。 ネットでつぶやかれるキキの性格は「イイ」と「悪い」どうして正反対になるのでしょう? それはストーリ...

魔女の宅急便【登場人物】 コキリ 37歳

キキのおかあさん。

キキの故郷の街で"薬を作る魔法"を使ってお店を開いています。

旅立ちの日のキキとコキリの会話は、子どもがわかりやすい言葉で"女の子にとって何が大切か"を語っています。

コキリもまた、13歳のときに現在住んでいる街に修業で降り立ってきたという経緯を、薬の調合を待っている馴染みのお客様(ドーラさん)が語っています。

コキリって誰?と感じた方もいるのではないでしょうか。劇中では名前で呼ばれるシーンはないのです。お店の入り口に"コキリ"と書かれているのみです。

『魔女の宅急便』キキのお母さんコキリから学ぶ子どもへのまなざし/セリフや声優、原作についても
スタジオジブリ作品『魔女の宅急便』。 魅力的なキャラクターがたくさん出てきますよね。 そんななか、登場シーンは少ないものの、とても印象的なキキのお母さん、コキリ。 優しさ、懐の深さ、愛情に溢れた女性だなーと、作品を見るたびに感じてしまいます...

 



魔女の宅急便【登場人物】 オキノ

キキのおとうさん。

劇中では、キキの旅立ちを知らせるため、電話をしているときに「オキノです」と名乗っています。ちなみに"オキノ"は名前です。

旅立ちの日、キキに「いつの間にこんなに大きくなっちゃったんだろう」と語るセリフが、とてもリアルな感情を表現しており、幼い頃からの"父と娘の関係"の築き方がステキな家庭だったんだということを感じさせるシーンが印象的です。

『魔女の宅急便』キキのお父さんの名前はオキノ!仕事は?セリフや声優、親子関係を考察
『魔女の宅急便』の主人公キキのお父さんオキノについて、意外と知らない方が多いのではないでしょうか? この記事では、次の内容がわかります! オキノの仕事は? オキノは名前?苗字? 魔女である娘との関係って? オキノの温かい人柄がわかるセリフや...



魔女の宅急便【登場人物】 ジジ 13歳

キキとともに修業へ旅立つ黒猫。男の子です。

キキにとっては友達であり、良き仲間でもあります。

劇中では触れていませんが、角野栄子さんの原作「魔女の宅急便」では、ジジについて次のような記述があります。

魔女のおかあさんは、女の子が生まれると、同じ時期に生まれた黒猫をさがして、いっしょにそだてていきます。そのあいだに、女の子と黒猫はふたりだけのおしゃべりができるようになるのでした。やがてひとり立ちする女の子にとって、この猫は、とてもたいせつななかまです。悲しくっても、うれしくても、分かちあえる者があることは、とても心強いことなのです。
「魔女の宅急便」福音館書店 1お話のはじまり

 

『魔女の宅急便』ジジが喋らない理由、公式・原作では?年齢や性別、声優はだれ?最後の言葉とは?
『魔女の宅急便』の最大の謎。 なぜ黒猫のジジが魔女見習いキキと話せなくなるのか。 ジブリの公式見解と原作の両サイドからその理由について迫ります。 『魔女の宅急便』といえば、学校の図書館や公民館の本棚で必ず目にするほど、児童書として有名なお話...
魔女の宅急便|ジジの彼女の名前は?飼い主の女性はマキさん!
『魔女の宅急便』に登場する黒猫のジジは、見習い魔女のキキにとっては良き相棒であり、親友のような関係でもある頼もしい猫です。 海の見えるキレイな街コリコで、キキは"おとどけもの屋さん"を始めました。 そして近所に住むメスの"白猫"がジジの恋人...




魔女の宅急便【登場人物とあらすじ】コリコの街の人々

キキが住むことに決めた街の名前は『コリコ』。

とっても可愛らしい街の名前ですよね。

この街には、キキの成長を温かく見守ってくれる登場人物がいっぱいです!

魔女の宅急便【登場人物】 おソノさん 26歳

キキが仕事を始めることに決めた街、コリコで「グーチョキパン店」というパン屋を営む女性。

キキの"相手を思いやる気持ち"や"こころよく人のお世話をする"という気持ちに触れ、普段使っていない屋根裏部屋に住むよう声をかけてくれます。

また、キキの仕事が軌道に乗るまでのさまざまな足掛かりを提案してくれるなど、キキにとってはとても頼りになるキキが思わず言っちゃう"おかみさん"という言葉がピッタリな女性です。

キキと知り合った頃は妊婦さんでした。劇中では「生まれそうだ」というシーンで終わっていますが、エンディングでは、赤ちゃんを抱っこしている描写があります。

『魔女の宅急便』おそのさんの本名や年齢は?なぜパン屋に?若い頃や産後の赤ちゃん、声優は?
『魔女の宅急便』に登場するお母さん的キャラクター、パン屋さんの奥さん、おソノさん。 おそのさんは、魔女見習いのキキが下宿先としてお世話になるパン屋さんの店主です。 今回は、物語に欠かせない存在のオソノさんについて深堀していきます。 ・おその...

 



魔女の宅急便【登場人物】 フクオ

キキが居候する「グーチョキパン店」のご主人。おソノさんの旦那さんです。

言葉少なに、黙々とパンを焼く姿が印象的なご主人ですが、ジジにウィンクしたりする描写など優しい人柄が伺えます。

また、キキに"おとどけものやさん"の看板を作ってあげた日、キキの帰りをソワソワしながら待つ姿は、なんともお茶目。あのおソノさんが惚れた男だけあるなぁ、といった印象です。

魔女の宅急便|パン屋のおじさんの名前は?奥さんや店の間取りは?
1989年に公開されたジブリ映画『魔女の宅急便』。 主人公キキが居候(いそうろう)するパン屋におじさんがいましたよね。 そう、あの筋肉モリモリの優しいおじさんです。 あのおじさんの名前って気になりませんか? 『魔女の宅急便』は、スタジオジブ...

魔女の宅急便【登場人物】 トンボ(コポリ)

飛行クラブに所属する"飛ぶことに夢中"な男の子。

キキがほうきで空を飛ぶ姿を見て興味津々ですが、馴れ馴れしく話しかけたことで、ピシャリ!と嫌われてしまいます。

どのシーンでも、トンボの"空を飛びたい"という気持ちは全開!

魔法が弱くなり自信をなくしていたキキの心を次第に解いていったのも、トンボの前向きで明るい性格があったからかもしれません。徐々にキキと心を通わせていく様子はとても微笑ましいです。

山口勝平が演じたキャラはこれ!鬼滅の刃にも出演している?
山口勝平さんといえば『魔女の宅急便』のトンボ役で有名な声優さんですよね。 さまざまなキャラを演じている山口勝平さんですが、実は『魔女の宅急便』のトンボ以外にも、人気のキャラクターをたくさん演じている、声優界の大御所といっても過言ではない方で...
魔女の宅急便のトンボはうざくて嫌い!原作ではチャラ男じゃない?
『魔女の宅急便』に登場するトンボって男の子は好きですか?嫌いですか? キキがコリコの街に降り立った時、往来の激しい街中で危うく事故を起こしそうになったことで、警官に呼び止められ、キキが困っていたところを助けた男の子です。 初対面であるキキへ...



魔女の宅急便【登場人物】 ウルスラ 18歳

キキが荷物を届ける途中で、依頼主の荷物である黒猫のぬいぐるみを落としてしまい、それを拾っていたのが、この絵描きであるウルスラです。

キキとはじめて出会うシーンでは、デッサンに集中している様子が印象的です。

キキにとって"お姉さん"的な存在になっていきますが、ウルスラ自身もキキから受けたインスピレーションで作品を制作しており、お互いがとてもいい関係でおつきあいができています。

魔女の宅急便|絵描きの女の子の名前や年齢は?絵にはモデルが?声優はキキと二役!?
映画『魔女の宅急便』に登場する絵描きの女の子の名前はウルスラです。 私の印象は、とても"シャキシャキした"感じのイイ、見ててとても気持ちのいい子だなぁとの印象を持っています。そして、この女の子の名前が「ウルスラ」ということを知らずに物語を見...

劇中では、ウルスラと名前が出てくることはありません。私も子どもが読んでいた絵本で名前を知りました。

魔女の宅急便【登場人物】 先輩魔女

キキの旅立ちの日に出会う魔女。占いの仕事をしており、まもなく1年間の修業を終えると語っています。

これから住む場所や仕事を探すキキに対して、彼女は、何か得意なことはないのか?と問いかけ、このことが"おとどけものやさん"を思いつくきっかけになっているようです。

魔女の宅急便|最初に会う先輩魔女は意地悪?声優や猫の名前を原作と比較して考察
1989年公開の映画「魔女の宅急便」で、主人公のキキがひとり立ちする日最初に会う紫の魔女、先輩魔女って気になりませんか?ほんのチョットの出演なのに、なんだか気になる存在。 これから頑張ろうとするキキに、先輩としてツンとした態度をとって意地悪...

 



魔女の宅急便【登場人物】 老婦人 70歳

青い屋根のお宅に住む"おとどけものやさん"のお客様で、孫へお手製の"ニシンとカボチャの包み焼き"を届けて欲しいという依頼をします。

キキの明るく素直な人柄に惹かれ、二人が心を通わせてゆくストーリーがとても印象的です。

 

魔女の宅急便【登場人物】 バーサ

青い屋根のお宅に住む老婦人に仕える使用人のおばあさん。

キキが初めて荷物を受け取るために、老婦人お宅へ伺った時は「時間通りでしたね」と出迎え、キキの仕事に対する姿勢を評価しているようなセリフが印象的です。また、キキが持っていたほうきに興味を示し、またがって飛ぼうとしている描写がなんとも可愛らしいおばあさん。

また、2度目にキキが老婦人のお宅へ行ったときは、とても嬉しそうに出迎える様子がとても印象的です。

ネット上では、老夫人が「バーサ」と呼ぶシーンで"ばあさん!と読んでいるように聞こえた"とのツイートが話題になっています。

『魔女の宅急便』ばあさんはバーサ?ラピュタのドーラとの関係や声優を調査!
『魔女の宅急便』といえば、魔女見習いのキキが一人前の魔女に成長していく様子を描いた作品。 一方、『天空の城ラピュタ』は、空に浮かぶ天空の城、ラピュタへ向かう冒険の旅を描いた物語です。 今回の主役は、サブキャラクターとして登場するおばあさんた...

 



魔女の宅急便【登場人物】 老婦人の孫娘

キキが老婦人から預かった荷物(ニシンとカボチャの包み焼き)の受取人。

また、トンボの友達でもあります。

キキが荷物を届けたとき、自分の嫌いなものであったこと、また祖母である老婦人の好意を迷惑と捉えている態度をすることで、キキが落ち込む様子は、観ていて胸が痛くなるシーンのひとつです。

その後、トンボの仲間達と共にキキを見つけた場面では、孫娘の"働いている"キキに対する表現が、キキの気持ちと対照的に描かれており、とても印象に残っているシーンです。

『魔女の宅急便』ニシンのパイの女の子が嫌い!キキとのその後は?宮崎駿監督の意図を深掘り
スタジオジブリ作品『魔女の宅急便』。 今回はニシンのパイの女の子について、考えていきたいと思います。 この女の子に関して、読者の皆さんの中でもご意見が分かれるところかと思います。 特に「嫌い!」「ひどい」などの感想をお持ちの方が多いのではな...

 

魔女の宅急便【登場人物】 マキ

"おとどけものやさん"の初めてのお客様。ファッションデザイナー。

グーチョキパン店の近所に住んでおり、白猫を飼っています。

キキが彼女について語るシーンでは、デザイナーという仕事や美しい容姿など、彼女へのあこがれの気持ちが表現されています。

魔女の宅急便【登場人物とあらすじ】 リリー

マキさんが飼っている白猫。キキの知らぬ間にジジと仲良くなっていました。

ジジが、キキにリリーを紹介したとき、よろしくね!と伝える描写がキキの人柄を表現しているように感じます。

魔女の宅急便|ジジの彼女の名前は?飼い主の女性はマキさん!
『魔女の宅急便』に登場する黒猫のジジは、見習い魔女のキキにとっては良き相棒であり、親友のような関係でもある頼もしい猫です。 海の見えるキレイな街コリコで、キキは"おとどけもの屋さん"を始めました。 そして近所に住むメスの"白猫"がジジの恋人...

 



魔女の宅急便【登場人物とあらすじ】 まとめ

キキの旅立ちから自立してゆくまでを描いた『魔女の宅急便』。
思春期を描いているといわれていますが、親の立場で観ていくと、ちょっとしたストーリーも心に響くものがあります。

キキが自らお願いしたわけでもないのに、おソノさんが住居を提供してくれたこと。
マキさんが決めた、キキの仕事に対する代金のこと。
老婦人の2回目のお届けものがキキへのケーキだったこと。 などなど

これらはすべて、キキが"人に愛され信用される"という人間力が生み出した結果だと感じるのです。

自分のことを自分で評価する人が多いと感じる世の中、そんなキキの魅力が人の心を動かしていくという評価に繋がっているのだ、ということを教えてくれているような気がします。

コキリさん、オキノさんがどのような家庭をつくりキキを育ててきたのかを想像しながら、何度も繰り返し観ていきたい作品です。



魔女の宅急便 関連記事一覧

『魔女の宅急便』原作者が激怒!?原作のラストや映画との違いは?
1989年公開のスタジオジブリ作品『魔女の宅急便』には原作があるって知ってましたか? 原作者は、児童文学のノーベル賞といわれている国際アンデルセン賞作家賞を受賞された角野栄子さんです。 『魔女の宅急便』の原作者は、宮崎駿監督と思っていた方も...
魔女の宅急便の主題歌はなぜユーミンのルージュの伝言なのか?理由を詳しくお伝えします!
映画『魔女の宅急便』で、キキが両親のもとから旅立つとき、ラジオから流れるあの曲。 松任谷由実さんの「ルージュの伝言」 私がこの曲を初めて聴いたたときには、あまりの衝撃でしばらく頭の中から離れず、ずーっと歌っていた時期がありました(笑)。 そ...



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました