魔女の宅急便|ジジの彼女の名前は?飼い主の女性はマキさん!

魔女の宅急便
この記事は約6分で読めます。

 

『魔女の宅急便』に登場する黒猫のジジは、見習い魔女のキキにとっては良き相棒であり、親友のような関係でもある頼もしい猫です。

海の見えるキレイな街コリコで、キキは"おとどけもの屋さん"を始めました。

そして近所に住むメスの"白猫"がジジの恋人になったのです。

今回は、ジジが恋した白猫についてお届けします。




魔女の宅急便|ジジの彼女の名前は?リリー

ジジの彼女の名前はリリーです。真っ白なフワフワした毛が特徴の猫です。

劇中でリリーの名前が出てくるのは、風邪が回復したキキがおソノさんからおつかいを頼まれたときです。

キキがジジに声をかけたとき、ジジが「リリーっていうの」と紹介するシーンで初めて名前が出てきます。

魔女の宅急便|登場人物を全紹介!キャラクター一覧まとめ
『魔女の宅急便』のあらすじを登場人物の魅力を紹介しながらお伝えします! 1989年の公開からすでに30年以上が経っていますが、いまだに色あせることなく主人公キキの心が揺れながら成長してゆく姿に胸が熱くなる映画です。 また...

魔女の宅急便|ジジの彼女の名前はリリー!初対面は印象が悪かった?

ジジとリリーの初対面のシーンは、グーチョキパン店の2階に居候することに決まった日のこと。

ジジはリリーを見つけたとき、一瞬"(黒猫ですが)頬を赤くするような"描写があります。

でも、リリーにツンとした態度をされてしまいました。

ジジはリリーに対して「ちぇっ、ちぇっ、気取ってやーんの!」と、プンプン怒り気味。

初対面は、決していいイメージではなかったようですね。

 

そんな、ジジとリリーの出会いのシーンは、キキとトンボと似ていますね。

トンボが「魔女子さーん」とキキを呼び止めるシーンで、キキが顔を真っ赤にしながら"マジギレ"していた描写がなんとも可愛らしい。

魔女の宅急便のトンボはうざくて嫌い!原作ではチャラ男じゃない?
『魔女の宅急便』に登場するトンボって男の子は好きですか?嫌いですか? キキがコリコの街に降り立った時、往来の激しい街中で危うく事故を起こしそうになったことで、警官に呼び止められ、キキが困っていたところを助けた男の子です。 ...

 

キキとジジ、のちに生涯を共にするパートナーとの出会い方がシンクロしてます(笑)。



魔女の宅急便|ジジの彼女の名前はリリー!飼い主はマキさん

リリーの飼い主はファッションデザイナーがお仕事のマキさん

キキに初めてお仕事を依頼したお客様です。

おソノさんが、丁度いいから!といってキキに初仕事を取り次いでくれたんですよね。

甥へのプレゼントを届けようと思っていたマキさんに、急遽仕事が入り届けられなくなったと困っていたところに、おソノさんが声をかけてくれて、初仕事となったこのシーン。

私は、おソノさんの"お客様を大切に思う心"に、いつもジーンと胸に熱いものを感じるんですよね。

 

キキが挨拶すると、マキさんはきっとイメージしていた魔女と違ったのでしょう。

「かわいい魔女さんだこと!」と言いながら、大切な甥へのプレゼントをキキへ託しました。

きっと"おソノさんが紹介してくれる方だから大丈夫!安心"との信頼関係に、またジーンときちゃう私です(笑)。


魔女の宅急便|ジジの彼女の名前はリリー!猫の種類は?

リリーの猫の種類は、チンチラといわれています。

チンチラは"ペルシャ猫"の毛色の一種とのことで、性格としては、大人しく噛んだりもしないとか。

THE猫!って感じの猫ですよね。

リリーの毛の色は"白色"だと思っていましたが、種類としては「シルバーとゴールド」の二つなんです。

ってことは、リリーはシルバーなんですね。

 

ちなみに、ジジの猫の種類は、ボンペイといわれています。

ホント、キレイですね。

そのほか、ジジについてはオリエンタルショートヘアとの声もあるようです。

リリーもジジも、公式には猫の種類が示されているわけではないのであくまで考察ですが、オリエンタルショートヘアは、耳が大きいことがジジに似ている気がしますね。


魔女の宅急便|ジジの彼女の名前はリリー!子どもは4匹

ジジとリリーのその後については、エンドロールで4匹の子どもたちと仲良くしている描写があります。

円満な家庭を築いたようで、ひと安心ですね。

宮崎駿監督は、ジジについて"慎重でちょっと気の小さいネコ"と語っています。

そんなジジが"一家の大黒柱"になるなんて「お母さんが使っていたほうきの方が安心だと思うよ」と語っていたころのジジが懐かしく感じますよね。

魔女の宅急便|ジジの彼女リリー登場には宮崎駿監督の思惑が?

リリーの登場で、劇中の中盤以降キキと一緒にいる時間が少なくなっていくジジ。

リリーとの時間の方が長くなり夕食の時間まで帰ってこないとか、ジジの言葉がわからなくなったりなど、徐々にキキとジジの関係が変化していくように感じていました。

このことについて、直接の言及ではないのですが、宮崎駿監督が小説家の氷室冴子さん(『海がきこえる』の原作者)との対談で次のように語っています。

【宮崎】
たとえば、この子はお母さんのホウキを持って出ていきますが、そのホウキをいつも身を守るように立てているんです。自分では気づいていないんですね。お母さんから持たされたにすぎないと思っているんです。でも映画を作っていく過程で、この子はそれで自分を守っているんだとわかってきてしまうんです。
【氷室】
よくわかります、それは。
【宮崎】
そうすると、なんとかしてそのホウキを、この娘から奪いたいと思うんですね。
【氷室】
それは作り手の側が?
【宮崎】
こっちがです。それからネコがいつまでもそばにいて、慎重でちょっと気の小さい猫なんですが、そのネコがいつもいると、ボーイフレンドが現れても、一対一にならないでしょ。だから、なんとしてもネコを離したくなるんです(笑)。
                   文春ジブリ文庫 ジブリの教科書 魔女の宅急便より

ジジの彼女は、原作「魔女の宅急便」にも"ヌヌ"という名前で登場するので、スタジオジブリ作品のみに登場するキャラクターではありません。

しかし、このコメントで、私たちがなんとなく観ているストーリーでも、それは宮崎駿監督の"思春期の少女を描く"という深い想いの上に作られているものだと気付かされました。

ホント、宮崎駿監督ってすごいですね。

魔女の宅急便|ジジの彼女の名前はリリー!まとめ

・ジジの彼女になった"白猫"の名前はリリー。
・ジジとリリーの初対面シーンは、あまり好印象ではなかった。(キキとトンボも同じ)
・リリーの飼い主は、グーチョキパン店の近所に住むファッションデザイナーのマキさん。
・リリーの猫の種類は、チンチラといわれている。
・ジジの猫の種類は、ボンベイやオリエンタルショートヘアとの声がある(公式にはなし)。
・ジジとリリーは4匹の子どもを授かる。



コメント

タイトルとURLをコピーしました