石巻にジブリがやってくる!「アニメージュとジブリ展」開催決定

アニメびと
この記事は約2分で読めます。

 

スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーの仕事にスポットをあてた展覧会「アニメージュとジブリ展」が宮城県石巻市で開催されます。

この展覧会は、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーが1978年から約12年間携わってきた、アニメ雑誌「アニメージュ」を軸にして『風の谷のナウシカ』(1984)の成功から、スタジオジブリの誕生、そして『天空の城ラピュタ』(1986)までを振り返ります。

また『風の谷のナウシカ』などの制作過程のスケッチや資料なども展示される予定です。



そしてこの展覧会のもう一つの見どころは、鈴木敏夫さんのプロデュース術にもスポットをあてていることです。

スタジオジブリ設立時は、鈴木敏夫さんは「アニメージュ」の編集者でした。その編集者としての仕事に着目していることも、この展覧会の特徴です。

どのような流れでスタジオジブリが誕生したのか?また、アニメ雑誌「アニメージュ」がどのように影響したのか?など、今の日本のアニメ文化の誕生、そして世界に誇るアニメーション映画制作会社となったスタジオジブリの軌跡を辿ることができるでしょう。

「アニメージュとジブリ展 みやぎ石巻展」
会期:2021年6月19日(土)から9月12日(日)
会場:マルホンまきあーとテラス(石巻市複合文化施設)石巻市開成1-7
公式HP https://animage-ghibli.jp/
会場となる、マルホンまきあーとテラスは、東日本大震災復興のシンボルとして、開成地区に整備されてます。その、文化複合施設の記念イベントとして、スタジオジブリに関連した展覧会が開催されることを、ジブリファンとしても大変嬉しく思います。
なお、展覧会の詳細については、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

 

この展覧会は、東京を皮切りに4月から全国8都市で巡回開催します。

くわしくはこちらもご覧ください!

アニメージュとジブリ展【東京会場】松屋銀座で開催!チケット情報
「アニメージュ」という雑誌をご存知ですか? 1978年5月創刊の現在発行されているなかでは最も歴史のあるアニメ雑誌です。 じつはこの雑誌、スタジオジブリの代表取締役プロデューサー鈴木敏夫さんが編集長を務めていた雑誌なんですよ! ...



コメント

タイトルとURLをコピーしました