ジブリ最新作|宮﨑駿監督作品 君たちはどう生きるか2023年7月14日公開!ナウシカ2はあるか?

宮崎駿
出典 www.ghibli.jp
この記事は約7分で読めます。

待ちに待ったスタジオジブリの最新作、宮﨑駿監督作品『君たちはどう生きるか』が2023年7月14日に公開されます!

そのほか、スタジオポノック新作『屋根裏のラジャー』も2023年冬に公開されることが決まりました!

 

今回は、ジブリの新作について、ネットにあるさまざまな情報を整理してわかりやすくお伝えします!

では、一緒に見ていきましょう!




ジブリ最新作|宮﨑駿監督作品 君たちはどう生きるか 2023年7月14日公開が決まりました!

宮﨑駿監督作品『君たちはどう生きるか』が2023年7月14日に公開と発表されました。

『風立ちぬ』から10年、待ち遠しかった公開がいよいよですねー!

ビジュアルも解禁されましたよ!

https://twitter.com/ulaken/status/1602578762968989697?s=61&t=E2rZyKVscdSr6LdF8S2Xfw

 

宮崎駿監督は、一度引退宣言をしてからその後撤回、そして『君たちはどう生きるか』の制作に取り掛かっていました。

また映画を作ることになった経緯について、インタビューで次のように答えています。

時代の中にいる自分が、それによって掻き立てられるものが出てきたということだと思いますけどね。

 

ジブリ作品を観るたびに「宮崎駿監督と同じ時代に生きることができて良かった」と感じている私です。

ファンとして、はやる気持ちを抑えながら、公開を待ちたいと思います。

宮崎駿作品で「ジブリ以外」のものってどんな作品があるの?
宮崎駿監督の作品といえば、スタジオジブリの『となりのトトロ』や『天空の城ラピュタ』などを主なものとしてあげる方が多いのではないでしょうか? 2001年に公開された『千と千尋の神隠し』では、2002年のベルリン国際映画祭の金熊賞、2003年の...

 

『屋根裏のラジャー』が2023年冬に公開!スタジオポノックとは?

ネット上では、ジブリ新作2022年と検索されているようなので調べてみました。

それは、スタジオポノック制作の『屋根裏のラジャー』が2022年夏公開予定との情報があったからのようでした。

 

そして『屋根裏のラジャー』公開が2023年冬、公開になると発表されました!

 

 

みなさん、スタジオポノックをご存知ですか?

スタジオジブリは2013年宮崎駿監督長編作品『風立ちぬ』を発表後に解散しました。

そして、当時スタジオジブリのプロデューサーであった西村義明さんが退社後、アニメーション映画スタジオを立ち上げたのがスタジオポノックです。

2014年に設立され、2017年には米林宏昌監督の『メアリと魔法の花』が公開されました。

米林宏昌監督といえば『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』のスタジオジブリ作品の監督を務めた方です。

スタジオジブリの"ジブリ魂"を引き継いだアニメーション映画スタジオ、それがスタジオポノックなのです。

 

個人的には、前出の『メアリと魔法の花』のエンドロールに「感謝 高畑勲・宮﨑駿・鈴木敏夫」と流れたときに号泣したことを、今でも忘れません。

「しっかりとジブリ魂を引き継いでいきます」との表れ、かつ、自分達を育ててくれた高畑勲・宮崎駿・鈴木敏夫 三氏の存在がなければ、今の自分達はないとの気持ちが伝わった瞬間でした。

 

スタジオポノックの最新作『屋根裏のラジャー』の監督は、百瀬義行さんです。

百瀬義行監督といえば、高畑勲監督作品には欠かせない存在のアニメーター・演出家です。

ジブリクォリティ作品であるスタジオポノック最新映画『屋根裏のラジャー』の公開は2023年の冬です。

こちらも、楽しみに待ちましょう!

『借りぐらしのアリエッティ』映画と小説では結末ってどう違う?
2010年公開のスタジオジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』は、米林宏昌さんの初監督作品です。 イギリスの女性作家メアリー・ノートンの児童文学作品「床下の小人たち」が原作ですが、映画では原作と違う点が多いとの声があがっている作品でもありま...

 



ジブリ最新作は『君たちはどう生きるか』/『ナウシカ2』はあるか?

そのほかに、ジブリ新作と検索すると"ナウシカ"のキーワードが出てきました。

続編を作ることは決してやらない宮崎駿監督ですが、なぜナウシカ2の声があがっているのでしょう?

それはどうやら、あの庵野秀明監督が制作を切望しているからなのです。

詳しく説明しますね!

 

ナウシカといえば、1984年に公開された『風の谷のナウシカ』のことです。

当時はまだスタジオジブリが設立されておらず、トップクラフトというアニメーション制作会社が作った作品です。

その後、トップクラフトはスタジオジブリへと組織を改める形で解散しました。

言い換えれば、スタジオジブリ設立のきっかけが『風の谷のナウシカ』とも言えるのです。

 

この『風の谷のナウシカ』で巨神兵のシーンを手掛けたのが、アニメーター時代の庵野秀明さんです。

いまや『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』の監督といったほうが、ピンとくる方が多いかもしれません。

1984年に公開された『風の谷のナウシカ』には原作があり、映画となったのは物語としては原作漫画7巻のうち、2巻の途中までです。

原作者は宮崎駿監督。

『天空の城ラピュタ』や『魔女の宅急便』などの長編映画作品を手掛け、途中で中断しながら、アニメージュに連載を続けていました。

そして漫画の連載が終了したのが1994年3月です。

そんな壮大な物語である『風の谷のナウシカ』について、庵野秀明さんは以前から続編制作を切望していたのです。

やっぱり、ナウシカは庵野秀明さんをはじめ、続編を期待する声が絶えることない作品なのです。

そこで、

現在制作中の『君たちはどう生きるか』が冒険活劇ファンタジー作品となると鈴木敏夫プロデューサーが語って以降、題名は『君たちはどう生きるか』ですけども、内容はナウシカの続編になるのでは?との情報がネット上に出たことによって、ジブリ新作がナウシカ?と検索する人が増えたのです。

 

私はこの考えは無いと思っています。

 

たまたまですが、子どもと一緒に読みたいと思って吉野源三郎原作の「君たちはどう生きるか」を買って読んでいました。

はじめて宮崎駿監督が手がけている長編映画の原作が「君たちはどう生きるか」と聞いたとき、なるほど!と感じたからです。

これから"答えのない課題や出来事"に遭遇する子どもたちに必要な考え方だと、この小説から感じていました。

宮崎駿監督が映画を制作するうえでポリシーとしている"この世は生きるに値する"というテーマにピッタリです。

ぜひ、未来の大人としてさまざまな経験を積んでいく子どもたちに向けた強いメッセージを与えてくれる作品になると確信しています。

風の谷のナウシカ|原作者はだれ?原作の最後はどうなるの?
1984年に公開された映画『風の谷のナウシカ』 "ジブリといえば、やっぱりナウシカ!"という熱烈なファンも多い作品ですよね。 まぁそもそも無理な話ですが(汗)、私も "ナウシカのような人間になりたい"と思いながらいつも観ています(笑)。 今...



 

ジブリ最新作 |まとめ

・宮崎駿監督の最新長編映画作品『君たちはどう生きるか』の公開は2023年7月14日公開
・スタジオポノック制作の長編映画『屋根裏のラジャー』は2023年冬公開
・ナウシカ2とは、ナウシカの続編を望む一部ファンの希望する声から生まれた憶測

スタジオジブリ作品が地上波で観ることができるのは、金曜ロードショーだけです!

2023年は、ジブリ新作イヤーにふさわしく、新年1月に2週連続で『ハウルの動く城』と『思い出のマーニー』が放送されます!

そのほか、これまで放送された作品をまとめています。
くわしくはこちらをご覧ください。

【金曜ロードショー】ジブリの魔女祭り!2024年3月は2週連続『アーヤと魔女』『魔女の宅急便』
いよいよ、ジブリパーク「魔女の谷」が2024年3月16日に開園します! 「魔女の谷」開園記念として、金曜ロードショーで スタジオジブリの魔女作品2作が放送されることが発表されましたー。 『アーヤと魔女』 2024年3月15日 午後9:00〜...



コメント

タイトルとURLをコピーしました