となりのトトロ|上映決定!日程や上映時間は?(映画のまち調布)

となりのトトロ
この記事は約4分で読めます。

1988年公開の映画『となりのトトロ』

公開からすでに30年以上が経っていますが、まったくその人気はおとろえず、幼稚園や保育園のお遊戯会などで使われる曲として「歩こぅ〜歩こう〜♪」の『さんぽ』は定番となっていますよね!

そして、親御さんが子どもにみせたい映画といえば『となりのトトロ』ではないでしょうか?

なんと!!

その『となりのトトロ』が、映画館で上映されることが決まりました!

ぜひ!大型スクリーンの高画質映像でトトロを観てみませんか?


となりのトトロ|上映決定!映画のまち調布 シネマフェスティバル2021にて

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」のセレクション作品として上映されることが決まった『となりのトトロ』の情報です!

【上映情報】全席指定日程:2021年2月20日(土)~28日(日)

上映時間:2月20日(土)①8:30 ②10:50
2月21日(日)~28(日)①11:00 ②13:30 ③15:50 ④18:10

会場:イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10

料金:大人1,100円 小学生~高校生1,000円 幼児900円

映画のまち調布 シネマフェスティバル:公式サイト


ひとつ、チケット入手方法で気をつけなければならないのが、

電話での取り扱いをしていないことです。上映会場のシアタス調布の公式サイトでの購入のみとなるようですので、お気をつけくださいね。

となりのトトロ 映画のまち調布シネマフェスティバル2021:イオンシネマ
ページの説明

また、このイベントは「映画のまち」らしく"映画のつくり手"の方たちにスポットを当てていることが特徴で、そのひとつが「映画のまち調布賞」の表彰です。

主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社といった「映画のつくり手」に贈る賞です。
映画・映像関連企業の集積する「映画のまち調布」にふさわしい映画賞として、映画文化、芸術、産業の振興に寄与した映画・映像作品及びその製作に貢献した者を顕彰します。

撮影賞、照明賞、録音賞、美術賞、編集賞(技術部門)
受賞対象:映画製作の現場を支える種々の技術者

映画のまち調布 シネマフェスティバル:公式サイト

映画完成まで、そこに関わるたくさんの職人さんたちの姿をみられるチャンスですね!


となりのトトロ|上演決定!そもそもなぜ調布市で?

ところで、今回の上映はなぜ調布市なのでしょうか?

それは、撮影所をはじめとした映画に関する企業が集まっている街だからなのです。

映画が街の活性化に一役担っているなんてすばらしいですね!

調布市 映画のまちとしての歴史

調布市が「映画のまち」となったきっかけは、昭和8年に多摩川撮影所が作られたことから始まり、撮影に適した自然環境やフィルム現像に不可欠である良質な地下水が豊富にあったことなどから、関連する企業が集まり昭和30年代には「東洋のハリウッド」とも称されていたとのこと。

現在も市内には、日活調布撮影所をはじめとした大型撮影所や、そのほか映画・映像関連企業が集まっています。

2017年には多摩地区最大級のシネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」がオープンし、今回は、この最新鋭の設備を備えた施設で『となりのトトロ』が上映されます。

子どもの映画館デビューが『となりのトトロ』な〜んて思い出を作ってあげるのもステキですね!


となりのトトロ|上映決定!まとめ

・上映期間 2021年2月20日(土)〜2月28日(日)の9日間
・上映時間 2月20日(土)①8:30 ②10:50
2月21日(日)~28(日)①11:00 ②13:30 ③15:50 ④18:10
・会  場 イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10
・チケット シアタス調布 公式ホームページより購入(電話での取扱いなし)

・「映画のまち調布」の歴史
自然豊かな街の環境が映画・映像制作に関する企業が集まるきっかけとなり、現在でも大型撮影所など多くの企業がある。



コメント

タイトルとURLをコピーしました